このページの本文へ

次世代の自動車デザイナー/技術者のための新しいものづくりを提言

ホンダ、歴代コンセプトカーの3Dデータを公開

2014年01月29日 15時28分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3Dデータをダウンロード/ブラウザ上で見ることができる  

 本田技研工業は1月28日、これまでの発表したコンセプトカーの外観デザイン3Dデータを公開した。ダウンロードすれば3Dプリンタでミニチュアを製作することができる。

3Dプリンタを持っていればミニチュアを製作可能

 現在同社が進めている「ものづくり」の取り組み姿勢や思想を社内外で展開するグローバル・ブランディング・プロジェクトの一環で、2013年の東京モーターショー・プレスコンファレンスOP映像として製作されたブランドCM「Super ultra daydream」に続く第二弾。

画面上で360度回転させてみることができる。NSX以上に「Fuya-jo(不夜城)」のインパクトが大きい

 特設サイト「Honda 3D Design Archives」では、これまでのモーターショー用に製作されたコンセプトカー「FUYA-Jo(1999)」、「FSR Concept(1994)」、「KIWAMI(2003)」「PUYO(2007)」「NSX Concept(2013)」。3Dデータのダウンロードだけではなく、ブラウザ上で360度自由に回転させて好きな角度から見ることもできる。

 同社では、家庭用3Dプリンタの低価格化などによって「ものづくり」の在り方が変化しつつあるなか、従来の「メーカー」と「ユーザー」という枠組みを超えた新しいコミュニケーションのひとつとして企画し、プロジェクトをとおして未来の自動車デザイナーやエンジニアが生まれてくることを願っているという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン