このページの本文へ

モバイルバッテリーを作ろう!980円の自作キット

2013年12月20日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自分で好きな容量のリチウムイオン電池を装着し、オリジナル仕様のモバイルバッテリーを自作できる「Li-ion 18650電池ボックス」が三月兎2号店で販売中だ。

この“殻”はいったいなんだろう? と思いきや、実はモバイルバッテリーに“なるはずの物”だったりする。自分仕様のバッテリーが作れる自作キットで、カラーの組み合わせは実に多彩だ

 本来は通常のモバイルバッテリーとして出荷されるところ、“完成前”の状態で店頭にやってきたという自作キット。内部は18650タイプのリチウムイオン電池を2本内蔵できる構造になっており、ユーザーが好みに合わせて容量やモデルなどをチョイスできるという仕組みになっている。

 ショップによれば、「パナソニック製の国産リチウムイオン電池などをチョイスして、信頼性の高いモバイルバッテリーが作れるのが一番のメリット」とのこと。やや玄人向けながら、しっかり中身にこだわりたい人には面白いアイテムと言える。ただし本来完成品になるはずの物だけに、「一度フタを閉めるとまず開けることはできない」(ショップ)という難点もあり、後から電池を入れ替えることはできそうにない。これは、という電池を決め打ちで使うことになるだろう。

18650タイプのリチウムイオン電池を2本内蔵できる。ちなみに一見すると「-」っぽいスプリング側が「+」になっており、この点はショップ側でも注意を促していた

1ポートのUSB出力のほか、LEDライトも備える。中に入れるリチウムイオン電池も多数販売されているので、容量や信頼性などを考慮して自分だけのモバイルバッテリーを作ろう

 カラバリは様々で、価格は980円と安価。ただし製品の性質上、保証なしで販売される。三月兎2号店などの三月兎各店で販売中で、特に三月兎2号店では18650タイプのリチウムイオン電池も豊富に取り扱っている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン