このページの本文へ

IGZO&Tegra 4の10.1型ハイエンドタブ「KALOS」

2013年12月13日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープ製IGZO液晶ディスプレーとNVIDIA Tegra 4を搭載する、台湾BungBungameの10.1型タブレット「KALOS」が発売。パソコンハウス東映と東映ランドにて13日より販売が開始された。

台湾の新鋭メーカーBungBungameより、10.1型のハイエンドタブ「KALOS」が登場。シャープのIGZO液晶やTegra 4を搭載するスペックの高さが特徴だ

 KALOSは台湾のベンチャー企業BungBungameが手がけるハイエンドタブレットで、10.1型のAndroidタブレットでは最高峰のスペックが魅力だ。

 2560×1600ドット(WQXGA)の高精細なIGZO液晶ディスプレーを採用するほか、NVIDIAの最新SoC「Tegra 4」(4コア/1.80GHz)を搭載。さらにバーチャルサラウンド対応スピーカーを実装するなど、高画質動画や3Dゲームを快適に視聴・プレイできる。

背面には1300万画素カメラを実装。スピーカーはバーチャルサラウンドに対応するなど、搭載機能はかなり充実している
側面には電源・ボリュームボタンのほか、microSDスロット、イヤホンジャックなどのインターフェースが並ぶ

 搭載OSはAndroid 4.2.2。メモリーは2GBで、内蔵ストレージ16GB、外部ストレージは最大64GBのmicroSDXCに対応する。120万画素のフロントカメラのほか、リアに1300万画素のメインカメラを備えるなど、カメラ機能も充実。ネットワークはBluetooth 4.0、NFC、無線LANをサポート。9000mAhのバッテリーを内蔵し、最大動作時間は約8.5時間とされる。

 パソコンハウス東映と東映ランドにて、13日より4万5800円で販売される。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン