このページの本文へ

約幅14.9×奥行き18.5×高さ7.1mm/約2gの超小型でUltrabookなどに最適!

エレコム、1円玉大で「IEEE 802.11ac」対応のWi-Fiアダプター

2013年09月24日 13時49分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「IEEE 802.11ac」規格準拠の「WDC-433SU2M」

 エレコムは9月24日、無線LAN子機「WDC-433SU2M」シリーズを発表した。

 理論値で最大433Mbpsの通信速度に対応する「IEEE 802.11ac」規格準拠の製品。PCのUSB端子に装着することで、5GHz通信帯域利用の安定した通信を可能にするという。

 約幅14.9×奥行き18.5×高さ7.1mm/約2gの小型設計も特徴。PCに装着したままでも持ち運びやすいメリットを持つ。

PCのUSB端子に装着した様子

 対応OSはWindows XP(XP3〜)/Vista(SP2〜)/7(SP1〜)8、USB 2.0端子を搭載したPCで利用可能。暗号化機能としては、WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)、WEP(128/64bit)に対応する。ドライバーは同社のウェブサイトよりダウンロードしてインストールする。なお、通信は5GHz帯専用で、11n/g/b(2.4GHz帯)には対応しない。

 カラーはブラックとホワイトの2色で、価格は3040円。10月上旬に発売する。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース