このページの本文へ

具体的な価格と発売日は未定

新GALAXY Note 10.1は小型・軽量化かつ2560×1600ドット

2013年09月05日 18時08分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GALAXY Note 10.1(2014 Edition)、前モデルより小型・軽量化

 韓国サムスン電子が9月4日(現地時間)、Androidタブレット「GALAXY Note 10.1(2014 Edition)」を発表した。

 GALAXY Note 10.1(2014 Edition)は2012年2月に発表されたSペンによるペンインターフェースが特徴の10.1インチタブレット「GALAXY Note 10.1」の新モデル。前モデルよりも小型化・軽量化が図られ、Sペンのレスポンスも向上しているという。また画像解像度も1280×800ドットから2560×1600ドットと高繊細になった。

 Wi-Fi、3G+Wi-Fi、LTE+Wi-Fiの3種類が用意される。OSはAndroid 4.3、CPUがオクタコア1.9GHzまたはクアッドコア2.3GHzのいずれか、メモリーは3GBを搭載。本体サイズは243.1×171.4×7.9mmで、重量は535g(Wi-Fi版)。8220mAhのバッテリーを内蔵する。カラーは黒と白の2色。具体的な価格と発売日はまだ発表されていない。

上面と下面
左面と右面
Sペンの装着スペック

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン