このページの本文へ

富士通最新のWin8モデルを総まとめ! 第1回

細部のディティールを始めとする画面の美しさは圧倒的

最強スペックの「ESPRIMO DH WD2/L」で新PSO2を堪能する! (5/7)

2013年08月20日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパクトなボディに高性能パーツがギッシリ!

 PSO2用PCの買い替えを検討している人のために、ここからはプレー時のESPRIMO WD2/Lの使用感について紹介する。本体のサイズは約幅89×奥行き353×高さ341mm(縦置き時、設置台含まず)。かなりスリムでコンパクトなデザインだが、冷却ファンなどの動作音はかなり小さくプレー中に気になることはなかった。

ESPRIMO WD2/Lの本体前面。右下のカバーは取り外しが可能だ(写真は取り外した状態)

横向きで設置する場合は、本体内に熱がこもらないよう通気口を上にすること

本体底面にフット(設置台)を取り付けることで、縦置き時の安定性が飛躍的に向上する

 本体内部にアクセスするには、背面のネジをふたつ外した上でカバーを取り外せばOK。筐体がスリムなのにも関わらず、Lowプロファイルではなく通常サイズのPCI Expressボードを利用可能だ。拡張スロットの数はPCI Express x16×1とPCI Express x1×1で、試用機ではAMD Radeon HD 7570用にPCI Express x16が使われていた。

本体カバーを取り外した状態。メモリースロットは右下に、PCI Expressスロットは左側中央部分のやや下に用意されている

 インターフェースは前面にUSB3.0端子×2、オーディオ端子、メモリーカードスロットを配置。背面にはUSB3.0端子×2、USB2.0端子×4、有線LAN端子、オーディオ端子類、PS/2端子などが用意されている。映像出力端子としては標準でDVI-D端子とアナログRGB端子が用意されているが、オプションでAMD Radeon HD 7570を追加した場合はDVI-D端子とアナログRGB端子、DisplayPort端子の3つを利用可能だ。それぞれにディスプレーを接続することで、最大3画面での表示が可能となる。また液晶ディスプレー用のサービスコンセントが用意されているため、電源用のプラグソケットがひとつで済む点もうれしい。

本体前面のインターフェース。フタの下に各種端子やメモリーカードスロットが用意され、カバーの下には光学ドライブが配置されている

本体背面にはUSB3.0端子や有線LAN端子、映像出力端子などを用意。キーボード接続用のPS/2端子はメンテナンス時に便利なほか、キーボードにこだわるユーザーには重要な要素だ



富士通 FMV ESPRIMO DH

カテゴリートップへ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通