このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

富士通最新のWin8モデルを総まとめ! 第1回

細部のディティールを始めとする画面の美しさは圧倒的

最強スペックの「ESPRIMO DH WD2/L」で新PSO2を堪能する! (1/7)

2013年08月20日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セパレートタイプのデスクトップ「ESPRIMO DHシリーズ WD2/L」。キーボードとマウス付属で、最小構成価格は7万5480円(クーポン適用時)から

 セガの「ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)」は、多彩なアクションで人気の国産オンラインゲームだ。サービス開始から1年が経過した2013年7月に大型アップデートが実施され、多数の新要素が追加。基本料金は無料なので、気になっている人も多いだろう。

大型アップデート「Code:EPISODE2」によって新しい種族やクラス、フィールドなどが追加された「ファンタシースターオンライン2」

 筆者はクローズドβテストの頃からプレーしているのだが、実はここ数ヵ月プレーしていなかった。理由はプレー環境に限界を感じてきたため。2世代前のCPUで内蔵GPUを使ったノートだと画質や解像度を落としてやっとプレーできるレベルであり、画面がカクつくことも多くなってきたのだ。

 そんなとき、ちょうど富士通のセパレート型デスクトップ「ESPRIMO DH WD2/L」を借りることができた。そこで今回は、PSO2の新要素と久しぶりにプレーしてみた感想をお届けしたい。

試用機のスペック
製品名 ESPRIMO WD2/L
CPU インテル Core i7-4770プロセッサー(3.4GHz-3.9GHz、 4コア/8スレッド)
チップセット インテル B85 Express チップセット
メインメモリー 32GB
ディスプレー 24型ワイド(1920×1200ドット) LEDバックライト付高色純度・高速応答・高解像度TFTカラー
グラフィックス AMD Radeon HD 7570(1GB)
ストレージ 約256GB SSD+約3TB HDD
光学式ドライブ BDXL対応Blu-ray Discドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×4(前面×2、背面×2)、USB 2.0端子×4(背面×4)、DisplayPort端子、DVI-D端子、アナログRGB端子、Bluetooth 4.0+HSなど
カードスロット ダイレクト・メモリースロット(SD/SDHC/SDXC対応)
テレビ機能
サウンド機能 ステレオスピーカー(液晶ディスプレー内蔵)、マイク/ラインイン端子、ヘッドホン/ラインアウト端子
本体サイズ/重量 約幅89×奥行き353×高さ341mm(設置台を含まない場合)/約8.1kg
OS Windows 8(64bit)


富士通 FMV ESPRIMO DH

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通