このページの本文へ

初代GALAXY NoteがAndroid 4.1にアップデート

2013年08月05日 17時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、サムスン電子製の5.3型スマートフォン「GALAXY Note SC-05D」をAndroid 4.1にバージョンアップするアップデートファイルの配布を開始した。端末単体(無線LAN経由)、もしくは「Smasung Kies」をインストールしたWindowsパソコンから可能。更新にかかる時間はそれぞれ約40分、約65分。

根強い人気のGALAXY NoteがAndroid 4.1に!

 今回のアップデートではOSのバージョンアップのほかに、Sペンでテキスト選択や画面の一部を切り出せる「イージークリップ機能」、Sペンのボタンを押しながら画面を2回タップするだけでSノートが表示される「ポップアップノート」などの機能も追加されている。

 GALAXY Note SC-05Dは2012年4月にAndroid 2.3を搭載して発売。2012年9月にAndroid 4.0に更新されており、今回が2回目のOSバージョンアップとなる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン