このページの本文へ

7型で5000円!? ネットで話題を呼んだ格安タブレット

2013年08月03日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 割り切り仕様のローエンドスペックながら、5000円と安価な7型Androidタブレット「nextbook M726HN」が店頭販売中だ。メーカーはアメリカのE FUNで、取り扱っているのはJan-gle秋葉原本店と同3号店だ。

ちょっとくらいスペックが低くても気にならない? 5000円で買える格安タブが店頭販売中。自分なりにカスタマイズが楽しめる人にはいいオモチャになりそう

 昨年からウェブを中心に話題を呼んでいた同社の格安タブレットだが、価格は発売当時からさらに手頃になった5000円。OSはAndroid 2.3で、CPUはシングルコアと、仕様やスペックはやや前時代的ながら、とにかく激安だ。

 Google Play非搭載など“ツルシ”の状態では使い勝手もイマイチだが、カスタムROMなどが広く流通しているモデルのため、ユーザーの使い方次第と言えなくはない。自分でカスタマイズできる玄人にはピッタリの端末だ。

やや安っぽい印象の背面パネルはお値段なりと割り切ろう。液晶下部には静電容量式のタッチボタンも備える
SDメモリーカードがダイレクトに使用できるインターフェース。そのほかminiUSB、イヤホンジャックなどを備える。ちなみにフレームは1cm以上とやや厚め

 CPUはCortex-A8 1GHz、メモリー512MB、ストレージ4GB。外部ストレージには最大16GBのSDHCカードに対応する。7型の液晶ディスプレーは解像度800×480ドットでタッチパネルは静電容量式。通信機能はIEEE 802.11b/g/nの無線LANをサポートする。なお、標準ではマーケットアプリとして「Tapnow Market」が搭載されている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン