このページの本文へ

全モデル10Gbpsポート搭載で処理能力も向上

200万円切りモデルも!A10、「Thunder」の新モデル追加

2013年07月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月30日、A10ネットワークスは、UASG(Universal Application Service Gateway)を謳う次世代アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)である「Thunder」の新製品「Thunder 3030S/1030S/930」を発表した。先に発表されたThunderのハイエンドモデルにエントリモデルを追加し、ラインナップを拡充した。

エントリモデルの「Thunder 930」

 今回発表されたThunder 3030S/1030S/930は中小規模の企業を対象としたエントリーレベルのADC。同社独自のソフトウェアプラットフォームである「ACOS(Advanced Core Operating System)」を搭載し、Webサイトの最適化や高速化に加え、拡張性と可用性も確保するアプリケーションデリバリーのほか、セキュリティ、クラウド・SDNなどの各モジュールを統合できるという。

 アプリケーションデリバリー機能としては、L4~7のサーバーロードバランシング、グローバルサーバーロードバランシング(GSLB)のほか、マルチテナントのために1台で多くのアプリケーションやサービスに対応できるアプリケーションデリバリーパーティション(ADP)などを搭載。セキュリティ機能としては、Webサイトを保護するWAF(Web Application Firewall)、DNSインフラを保護するDNSアプリケーションファイアウォール、次世代型の攻撃を回避するDDoS防御、暗号化されたトラフィックを検査できるようにするSSLインターセプト、事前認証を行なうアプリケーションアクセス管理などのサービスが用意されている。

 クラウドやSDN、次世代ネットワーク向けのモジュールも提供。従量制の課金オプションを採用したクラウドサービス「aCloud」などのソリューションのほか、NECとの連携を含めたOpenFlow対応のSDNソリューション、IPv4アドレスの延命を実現するキャリアグレードNAT(CGNAT)、複数の移行技術に対応したIPv6ソリューションなどが利用できるという。

 Thunder 3030S/1030S/930はコンパクトな1U筐体を採用しつつ、全モデルで10Gbpsポートを搭載。既存の自社製品と比較して処理能力を最大30%、SSLパフォーマンスを500%向上させるなど、ハードウェア面も強化した。

 出荷は8月末を予定。希望小売価格(税別・別途テクニカルサポート費用)はThnder 3030Sが579万9000円、Thunder 1030Sが349万9000円、Thunder 930が189万9000円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ