このページの本文へ

主要観光スポットなど115か所にアクセスポイントを設置

那覇市、無料公衆無線LANサービスを8月4日より開始

2013年07月24日 20時51分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「NAHA_City_Wi-Fi」が利用できるアクセスポイントに貼られるステッカー

 那覇市は7月24日、無料の公衆無線LANサービス「NAHA_City_Wi-Fi」を、8月4日より提供開始すると発表した。

 那覇市の主要観光スポットを中心に、115のアクセスポイントを整備している。アクセスポイントにて「NAHA_City_Wi-Fi」を選択し、パスワード「78787878」を入力すると、無料でWi-Fiが利用できる。英語、韓国語、中国語など多言語に対応するほか、事前登録が不要のため、国内観光客をはじめ、外国人観光客でも容易に利用できるサービスとなっている。

 提供エリアの一例は以下の通り。

  • 国際通り及び周辺地域(平和通り、第一公設市場等含む)
  • 那覇空港、若狭バース近辺
  • 那覇バスターミナル近辺
  • 沖縄県立博物館・美術館近辺
  • 首里城近辺(龍譚池通り)
  • 識名園近辺
  • 沖縄セルラースタジアム那覇
  • 泊港

など。

ポータルサイト「NAHAPO」。クーポンやマップなど、観光に便利な情報を表示するという

 また、同サービスの開始にあわせ、現在地周辺の店舗情報をリアルタイムで提供するポータルサイト「NAHAPO」(なはぽ)を開設する。中心市街地の回遊に役立つスマートフォンアプリや、GPSと連動した情報案内なども行うとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン