このページの本文へ

「公衆無線LANサービス」も29駅で先行提供

訪日外国人向け無料Wi-Fiサービス、JR西日本が7月1日より開始

2013年05月27日 18時12分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JR西日本は5月22日、「訪日外国人向け無料公衆無線LANサービス」の開始予定を発表した。

「訪日外国人向け無料公衆無線LANサービス」、11駅で実施予定

「訪日外国人向け無料公衆無線LANサービス」提供場所に貼付されるステッカー

 訪日外国人の日本国内におけるインターネット接続環境へのニーズの高まりに応えたサービス。利用方法は、改札口付近(乗換改札を除く)や、コンコース内の待合室(待合スペース含む)などのサービス提供箇所付近で、専用のSSID「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択し、日、英、中、韓の4か国語に対応したログイン画面でゲストコードを入力するというもの。利用者は、訪日前にゲストコード取得が必要。また、このサービスのほか、外国人旅行者にとって役立つ情報を提供する専用のポータルサイトも準備されるという。

 対象駅は、以下の11駅。

 山陽新幹線:新神戸・岡山・広島・小倉・博多

 在来線:京都・新大阪・大阪・天王寺・関西空港・三ノ宮

「公衆無線LANサービス」も29駅で先行提供

 さらに、通信環境の改善を目的に平成24年から175駅を対象に整備を進めてきた「公衆無線LANサービス」についても、先行して下記の29駅において開始するとした。

「公衆無線LANサービス」提供場所に貼付されるステッカー

 山陽新幹線:新神戸・西明石・姫路・相生・岡山・新倉敷・福山・新尾道・三原・東広島・広島・新岩国・徳山・新山口・厚狭・新下関・小倉・博多

 在来線:京都・高槻・新大阪・大阪・天王寺・京橋・鶴橋・新今宮・関西空港・三ノ宮・神戸

 「訪日外国人向け無料公衆無線LANサービス」、「公衆無線LANサービス」ともに7月1日のサービス開始を予定しているという。サービス提供箇所には、専用のステッカーが貼付される。なお、大規模災害時には、これらのインターネットを無料開放するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン