このページの本文へ

要望の高さにより導入が決定

ブザーの後に「地震です」、携帯各社が声で知らせる「緊急地震速報」導入

2013年07月11日 16時21分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

気象庁実施「平成25年4月13日の淡路島付近の地震における緊急地震速報に関する緊急調査」より

 ドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンク、イー・アクセスの携帯各社が7月11日、「緊急地震速報」が発表された際に、従来のブザー音に加えて「地震です」という音声によって警報を伝えると発表した。

 今回の導入は緊急地震速報だということをよりわかりやすくすることを目的としている。従来のブザー音を警報だと感知できない人でも地震から身を守ることができるようになる。気象庁が実施した「平成25年4月13日の淡路島付近の地震における緊急地震速報に関する緊急調査」において声による警報の要望の高さがわかったことが導入の理由だという。

 詳細な導入時期・対応機種などについては、各社のホームページで伝えられる予定だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン