このページの本文へ

「Hitachi Unified Compute Platform かんたん仮想化モデル」販売

日立、統合プラットフォームに中小規模向け新モデル

2013年06月26日 12時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Hitachi Unified Compute Platform かんたん仮想化モデル

 6月26日、日立製作所は中小規模システムのサーバー仮想化環境の構築向けに、新たに「Hitachi Unified Compute Platform かんたん仮想化モデル」を製品化。6月27日から販売を開始する。

 Hitachi Unified Compute PlatformはITシステムの迅速かつ容易な構築、運用を実現する日立統合プラットフォーム。サーバー、ストレージ、ネットワークなどのハードウェア、OS、仮想化管理ソフトウェアなどを組み合わせた事前検証済み構成の中から、システム規模などに応じて選択。顧客のシステム要件に合わせた調整を適宜実施して提供するもので、発注から最短で10営業日という短期間で提供可能になるという。国内では、2012年10月に、大規模なクラウドサービス事業者を主な対象とするIaaS基盤モデルと、中規模以上のプライベートクラウドを主な対象とするPaaS基盤モデルの販売を開始している。

 今回発表されたHitachi Unified Compute Platform かんたん仮想化モデルは、仮想サーバー数は4~64の範囲で選択可能。プラットフォームもVMware vSphereやMicrosoft Windows Server 2012 Hyper-Vが用意されている。

 サーバー仮想化やストレージ、ネットワークの基本設定を済ました上で、運用管理を効率化する運用支援マニュアルや操作トレーニングを提供する。さらに、物理サーバーの運用と同等程度の操作性で容易にサーバー仮想化環境を運用できる管理ソフトウェア「VM Simple Console utility」を標準添付するという。

 価格は812万3850円~(税込)となっている。出荷は7月31日から。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!