このページの本文へ

10桁のアクティベーションコードを入力するだけで使用可能

初期設定が簡略化、無線LAN内蔵SDHC「Eye-Fi Mobiカード」

2013年06月13日 19時18分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カード」

 アイファイジャパンが6月12日、無線LAN内蔵SDHC「Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カード」の発売を発表した。

 デジタルカメラで撮影した写真をスマートフォンやタブレットへすぐに転送できる。従来機種よりも、初期設定ステップが大幅に簡略化されたことが特長だという。これまでは、SSIDやパスワードをダウンロードした上で設定する必要があったが、無料の専用アプリをダウンロードし10桁のアクティベーションコードを入力するだけとなった。また、無線LANアクセスポイント機能を持つため、周囲に無線LAN環境がなくても利用できる。

 6月14日発売で、8GBが4980円、16GBが7980円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン