このページの本文へ

無線LAN通信速度が約30%アップ

Wi-Fi搭載SDHC「FlashAir」にClass 10対応の16GBが追加

2013年07月04日 20時02分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FlashAir W-02」

 東芝は7月4日、無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリーカード「FlashAir」に16GBモデルを追加した。

 同製品をデジタルカメラに挿入すると、撮影した写真をその場でスマートフォンやタブレットから閲覧できる。今回、新たに追加された16GBモデル「FlashAir W-02」(SD-WC016G)は、読み書き時に10MB/秒以上の転送速度を保証するSDスピードクラス「Class 10」に対応。これにより、一眼レフカメラなどの高解像度モードでの高速連写も実現するという。

 また、無線LAN LSIのソフトウェアに改良をくわえ、写真データを転送する際の無線LAN通信の速度を約30%高速化したほか、デジタルカメラで撮影した写真をスマートフォンなどに自動更新表示する機能や、日付ごとに限定して写真を表示する機能なども備えた。

Wi-Fiの接続設定を行い、ブラウザを起動するだけで簡単に画像の保存ができる(公式FrashAirアプリを使えば、画像の一括または複数選択でのダウンロードも可能だ)

 無線LAN規格はIEEE 802.11b/g/nに対応する。外形寸法は、約幅24.0×奥行2.1×高さ32.0mm。質量は約2g。

 価格はオープンで、予想実売価格は5000前後を見込んでいる。7月6日に発売予定だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン