このページの本文へ

こんなに多機能で1万円台! この機に導入はいかが?

前後同時録画&赤外線撮影&GPSの最強ドライブレコーダー

2013年05月30日 17時17分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DVRGPS-31D

 マキコーポレーションは5月31日、ドライブレコーダー「DVRGPS-31D」を発売した。

 前面用と背面用のカメラをそなえ、前後同時に撮影できるほか、内蔵の赤外線ライトによる暗部での撮影も可能だ。

 GPSセンサーを内蔵し、付属のソフトウェアを用いた走行ルートの確認が可能となっている。また、エンジンオンで録画を開始するモードと、加速度センサーが動きを検知すると撮影を開始するモードを選択可能。

 電源はリチウムイオン充電池を内蔵。シガーライターソケットからの電源供給にも対応する。

 撮像素子は130万画素のCMOSセンサーで、撮影可能な動画サイズは1280×720ドット。ストレージにはmicroSD/SDHCを採用した。寸法は約幅127×奥行29×高さ46mmで、重量は約127gだ。

DVRGPS-31D

DVRGPS-31D

 価格はオープンで、予想実勢価格は1万3800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン