このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ノートPCはRAID可能!

Haswell+Titan搭載モデルも! NEXTGEARシリーズを一気に発表!

2013年06月02日 00時01分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NEXTGEAR i980シリーズ

NEXTGEAR i980

 NEXTGEAR i980シリーズからは、「NEXTEGEAR-NOTE i980BA1」「NEXTEGEAR-NOTE i980BA1-SP」「NEXTEGEAR-NOTE i980PA1-SP」が登場。全モデルともCPUに第4世代Core i7プロセッサーを採用している。特にNEXTEGEAR-NOTE i980PA1-SPは、第4世代CPUの最上位である「エクストリーム・エディション」を搭載。グラフィックスには全て「GeForce GTX 780M」を採用し、ディスプレーは17型のフルHD解像度(1980×1020ドット)だ。

 mSATA端子の転送速度は、従来の3Gbpsから6Gbpsに改善した。mSATA端子は2系統そなえるため、RAID構成でのSSDの搭載も可能だ。

 キーボードには、暗部でのタイピングをサポートするLEDバックライトを搭載した。また、Creative社の「Sound Blaster X-Fi MB3」に標準で対応する。サウンドカード非搭載ながら、ゲームや映像作品の音声を豊かな音域で再現するという。

 価格はNEXTEGEAR-NOTE i980BA1が21万9870円、NEXTEGEAR-NOTE i980BA1-SPが23万9820円、NEXTEGEAR-NOTE i980PA1-SPが44万9400円となっている。

キーボードのバックライトは見た目も綺麗だ

バイオハザードのベンチマークでは7790というスコア

NEXTGEAR i980シリーズの主なスペック
型番 NEXTEGEAR-NOTE i980BA1 NEXTEGEAR-NOTE i980BA1-SP NEXTEGEAR-NOTE i980PA1-SP
CPU Core i7-4700MQ プロセッサー (4コア/2.40GHz/TB時最大3.40GHz) Core i7-4930MX プロセッサー・エクストリーム・エディション (4コア/3.00GHz/TB時最大3.90GHz)
グラフィックス GeForce GTX 780M
メモリー 8GB DDR3L PC3-12800 16GB DDR3L PC3-12800 32GB DDR3L PC3-12800
ストレージ 500GB HDD 120GB SSD、500GB HDD 512GB SSD×2
インターフェース USB 3.0×3、USB 2.0×1、
DisplayPort×1、mini DisplayPort×1、HDMI×1、
ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、ライン入力×1
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ Blu-rayディスクドライブ
バッテリー駆動時間 約3.145時間
寸法/重量 約幅412×奥行276×高さ45.4mm/3.9kg
価格 21万9850円 23万9820円 44万9400円
OS Windows 8 64bit Windows 8 Pro 64bit

NEXTGEAR i780シリーズ

NEXTGEAR i780

 NEXTGEAR i780シリーズは15型(1980×1020ドット)のゲーミングノートパソコンだ。CPUには第4世代のCore i7プロセッサー、グラフィックスには「GeForce GTX 770M」を採用した。ハードウェアスペックの違う「NEXTEGEAR-NOTE i780BA1」「NEXTEGEAR-NOTE i780SA1」「NEXTEGEAR-NOTE i780PA1-SP」の3モデル展開となる。

 NTSC比95%をうたう非光沢タイプのディスプレーを搭載し、豊かな色域の再現が可能にしたという。また、転送速度6MbpsのmSATA端子を2系統そなえた。

 NEXTGEAR i980シリーズと同じく「Sound Blaster X-Fi MB3」に対応し、ゲームプレーや映像観賞を高音質で楽しめるとする。

 価格はNEXTEGEAR-NOTE i780BA1が14万9940円で、NEXTEGEAR-NOTE i780SA1が16万9890円、NEXTEGEAR-NOTE i780PA1-SPが27万9930円だ。

キーボードを打った感じとしては、たわみがなく、強く、速く打っても問題なさそう

NEXTGEAR i780シリーズの主なスペック
型番 NEXTEGEAR-NOTE i780BA1 NEXTEGEAR-NOTE i780SA1 NEXTEGEAR-NOTE i780PA1-SP
CPU Core i7-4700MQ プロセッサー (4コア/2.40GHz/TB時最大3.40GHz) Core i7-4900MQ プロセッサー (4コア/2.80GHz/TB時最大3.80GHz)
グラフィックス GeForce GTX 770M
メモリー 8GB DDR3L PC3-12800 16GB DDR3L PC3-12800 32GB DDR3L PC3-12800
ストレージ 500GB HDD 500GB HDD、128GB SSD 1TB HDD、512GB SSD(256GB×2 RAID 0)
インターフェース USB 3.0×3、USB 2.0×1、
DisplayPort×1、mini DisplayPort×1、HDMI×1、
ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、ライン入力×1
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ Blu-rayディスクドライブ
バッテリー駆動時間 約4.25時間
寸法/重量 約幅376×奥行256×高さ43mm/約3.2kg
価格 14万9940円 16万9890円 27万9930円
OS Windows 8 64bit Windows 8 Pro 64bit

NEXTGEAR i600シリーズ

NEXTGEAR i600

 NEXTGEAR i600シリーズはCPUに第4世代のCore i7プロセッサー、グラフィックスに「GeForce GTX 765M」を搭載した15型(1980×1020ドット)のゲーミングノートパソコンだ。i980、i780と同じくハードウェアスペックの違う3モデル展開。「NEXTEGEAR-NOTE i600BA1」「NEXTEGEAR-NOTE i600SA1」「NEXTEGEAR-NOTE i600PA1」が用意された。

 本モデルも、転送速度6MbpsmSATA端子を1系統そなえた。BTOでストレージを追加搭載可能だ。非光沢タイプのディススプレーをそなえ、「Sound Blaster Cinema」にも対応する。

 4GB メモリーと320GB HDDをそなえたNEXTEGEAR-NOTE i600BA1は、9万円台で購入可能。コストパフォーマンスの高さもウリだ。

 価格はNEXTEGEAR-NOTE i600BA1が9万9750円で、NEXTEGEAR-NOTE i600SA1が12万9990円、NEXTEGEAR-NOTE i600PA1が18万9840円となっている。

NEXTGEAR i600シリーズの主なスペック
型番 NEXTEGEAR-NOTE i600BA1 NEXTEGEAR-NOTE i600SA1 NEXTEGEAR-NOTE i600PA1
CPU Core i7-4700MQ プロセッサー (4コア/2.40GHz/TB時最大3.40GHz) Core i7-4900MQ プロセッサー (4コア/2.80GHz/TB時最大3.80GHz)
グラフィックス GeForce GTX 765M
メモリー 4GB DDR3L PC3-12800 8GB DDR3L PC3-12800 24GB DDR3L PC3-12800
ストレージ 320GB HDD 500GB HDD、128GB SSD 1TB HDD、128GB SSD
インターフェース USB 3.0×3、USB 2.0×1、
D-sub×1、HDMI×1、
ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、ライン入力×1
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー駆動時間 約3.35時間
寸法/重量 約幅374×奥行250×高さ42.7mm/約2.8kg
価格 9万9750円 12万9990円 18万9840円
OS Windows 8 64bit Windows 8 Pro 64bit

 発表に先駆けて開催されたマウスコンピューターの内覧会で、G-Tuneブランドを担当する杉澤氏は「ノートパソコンで注力したのはRAIDを可能にすること」とした。ノートパソコンモデル全てにmSATAを装備することで、容量・起動の速さを求めるユーザーに応えた形だ。

 また、ユーザーから「非光沢の液晶にしてほしい」という声も多かったと話す。「特にi780シリーズは液晶がNTSC比95%で美しい分、映り込みも気になる方という意見が寄せられた」そうだ。

 サウンドにもこだわりを見せ、「実は新製品のノートパソコンにオンキヨ―のスピーカーを搭載しています。ゲームをプレイするなら当然音の質にも気を使いたいでしょう。そうした要望にもこたえられるかと思います」と、自信をのぞかせた。


マウスコンピューター/G-Tune

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ