このページの本文へ

ブレード内に複数のDCが収容される時代へ……

SDNを取り込んだブロケードのオンデマンドデータセンター構想

2013年05月23日 11時30分更新

文● 谷崎朋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5月22日、ブロケード コミュニケーションズ システムズ(以下、ブロケード)は物理インフラと仮想ネットワークを融合させた「Brocadeオンデマンド・データセンター」構想と、これを実現する新製品やアップデートなどを発表した。

SDNの前進で壮大なデータセンター構想が現実に

 Brocadeオンデマンド・データセンターは、ネットワークの仮想化を実装した、柔軟で拡張性の高いデータセンターの構想だ。同社のVCSファブリックテクノロジーをベースとした「Brocade VDXスイッチ・ファミリ」、仮想ルーターの「Brocade Vyatta vRouer」、仮想アプリケーションデリバリスイッチの「Brocade Virtual ADX」で構成され、OpenStackとの連携やDC間におけるアプリケーションリソースの自動制御などを実現する。

Brocadeオンデマンド・データセンターの概要

 2012年12月のVyatta社(ビアッタ)買収後、初のリリースとなるBrocade Vyatta vRouer(最新バージョンの6.6)は、ルーティング/ファイアウォール/VPN機能を搭載する仮想ルーターだ。仮想ルーターのメリットは、必要なとき、必要な場所へルーティング機能を設定でき、仮想サーバー間のトラフィックをファブリックに流さないことでネットワーク性能を低下させないなどが挙げられる。

 さらに、Vyatta vRouterはVmware ESXやLinux KVM/Xen、HyperV、AWSなど多数のハイパーバイザやOSをサポートし、最適なパフォーマンスに向けて個別にチューニングされている。すでに100万ダウンロードされており、国内の大手サービスプロバイダーがマルチテナントソリューションとして導入するなど、世界各国1500の導入実績を誇る。

Brocade Vyatta vRouterの概要

 Brocade Virtual ADXは、物理スイッチのADXを機能含めすべて仮想化した製品だ。ダイナミックプロビジョニングやロードバランシング機能はもちろんのこと、標準APIによるプログラム制御、テナントまたはカスタマーごとのアプリケーションポリシーの適用など、負荷分散に求められる高度な機能をもれなく提供する。

Brocade Virtual ADXの概要

 現在のデータセンターは、Webサーバーやアプリケーション、データベースが仮想化されながらも、スイッチやロードバランサーなどのネットワーク機器によってそれぞれ階層別に構築されている。それが、今回発表の製品でネットワーク部分が仮想化すれば、ブレードサーバーやラック自体をデータセンターにすることができる。データセンターの構成自体をテンプレート化すれば、データセンターの構築を自動化し、1台のブレードサーバー内にマルチテナント環境を作り上げるのも簡単になる。

Brocade Virtual ADX

DCをまたがった負荷分散も実現可能

 こうした変化に合わせて、物理インフラも進化する。「ストレージへの高速アクセスやファブリックの高速処理など、物理の世界を安定して提供できるのがブロケードだ」。ブロケード コミュニケーションズ システムズ SDNビジネス開発本部 執行役員 尾方一成氏は、そう強調する。

ブロケード コミュニケーションズ システムズ SDNビジネス開発本部 執行役員 尾方一成氏

 VCSファブリックテクノロジーは、FCやFCoE、NAS、iSCSIなどの多様なストレージをサポートし、ロスレスかつ低遅延な接続を提供する。IPで指定されたNASストレージのトラフィックを優先制御することも可能だ。何よりも、ブロケードはサーバーベンダーやスイッチベンダーにOEM展開しているため、マルチベンダーに対応できるというメリットがある。

 さらに、セルフサービスでスケールアウト可能なクラウドを実現するために、全製品群に対して段階的にOpenStack対応を展開。仮想アプリケーション・デリバリ・プラットフォーム「Brocade Virtual ADX Application Resource Broker(ARB)」のバージョン2.5では、データセンター内のアプリケーション負荷が高まってリソース不足になると、それを検知して別のデータセンターに負荷分散し、リソースを確保するという新機能が追加された。

Brocade Virtual ADX ARBでDC間のダイナミックなアプリケーション制御を実現

 このほか、Brocade NetIron OSではOpenFlow Hybridモードに対応するためのアップデートをリリース。これにより、OpenFlowを既存ネットワークへシームレスに追加できるようになった。また、エンドツーエンドの40GbEマルチテナント環境を構築可能にする「Brocade MLXe 4x40GbEコア・ルータモジュール」、「Brocade NetIron CER/CESキャリア・イーサネット・スイッチ/ルーター」、OpenFlow Hybrid Port Modeへの対応なども発表された。

 Brocade Vyatta vRouterは販売中で、価格はライセンスによって異なる。Brocade Vyatta OS Release 6.6は無償で、2013年秋にリリース予定。Brocade Virtual ADXは価格未定で、2013年6月26日にリリース予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ