このページの本文へ

WDの世界最薄2.5インチSSHDを支えるサンディスク

2013年05月09日 15時39分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンディスクは7日、Western DigitalのSSHD(Solid State Hybrid Drive)に、サンディスクのフラッシュメモリーを提供していると公表した。

サンディスクのSSD「iSSD」を、Western Digitalの2.5インチSSHD「WD Black」にキャッシュとして搭載している

 SSHDは、SSDのスピードとHDDの大容量を両立させたドライブ。Western Digitalの2.5インチSSHD「WD Black」シリーズは、キャッシュとしてサンディスクのSSDを採用する。

Western DigitalのSSHD「WD5000M13K」

 Western Digitalの「WD5000M13K」は、500GBのHDDと24GBのNANDフラッシュを搭載しつつ、厚さ5mmを実現した2.5インチSSHD。19nmのプロセス技術で製造されるサンディスク製SSDの極小フォームファクターは、SSHDの薄型設計に寄与しているという。

 WD BlackはOEM向けにすでに出荷中で、ポータブルデバイス向けの7mmおよび9.5mmのSSHDも一部のOEM向けに出荷されている。今のところ秋葉原のパーツショップに入荷する予定はないが、ライバルのSeagateが7mm厚と9.5mm厚のSSHDをすでに自作市場で販売していることから、近いうちにパーツショップに入荷することも十分考えられる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン