このページの本文へ

光学30倍で世界最小・最軽量の「サイバーショット」登場

2013年04月24日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シルバーとブラックの2色展開となる「サイバーショット DSC-HX50V」

シルバーとブラックの2色展開となる「サイバーショット DSC-HX50V」

 ソニーから、高倍率ズームデジタルカメラ「サイバーショット DSC-HX50V」が発表された。5月17日発売予定で、予想実売価格は4万3000円前後。

 同社は今年2月に超高倍率ズーム機と高倍率ズーム機2機種、計3機種を発表しているが、本機は高倍率ズームモデルの上位機という位置づけになる。

レンズを最大に伸ばしたところ

レンズを最大に伸ばしたところ

 従来モデルの「HX30V」は光学20倍ズーム機だったが、HX50Vは光学30倍のズームレンズを採用。光学30倍ズームを搭載するコンデジとしては世界最小・最軽量だという(本体サイズは幅108.1×奥行38.3×高さ63.6mm、本体のみの重量は246g)。全画素超解像度ズームを利用すれば最大60倍までズームできる。

 撮像素子(1/2.3型 裏面照射型CMOSセンサー)も従来の1820万画素から2040万画素にスペックアップ。さらにアルゴリズムの見直しにより、手ブレ補正が約2倍効くようになり、AF速度も約2.3倍(最速で0.17秒)高速化されている。感度設定はISO 12800まで可能だ。

本体上部にEVダイヤル、背面にはカスタムボタンを装備

マルチインターフェイスシューを装備

マルチインターフェイスシューを装備

フラッシュも内蔵する

フラッシュも内蔵する

 本体にはモードダイヤルはもちろん、露出補正が可能なEVダイヤル、機能の割り当てが可能なカスタムボタンを装備。本機は5枚羽の虹彩絞りを採用しており、モードダイヤルには絞り優先モードが搭載されている。

このようにさまざまなアクセサリーを装着できる

 本体上部には同社のデジタルカメラで共通で搭載しているマルチインターフェイスシューを採用。また、同じく共通の拡張端子であるマルチ端子も装備する。これによる「α」や「ハンディカム」のアクセサリーも使用できる。

 HX30Vで搭載されていた無線LAN機能やGPS機能は踏襲。ただしHX50Vではスマホでライブビュー確認&撮影までできる「スマートリモコン」や、カメラで撮影した写真をスマホに転送する「スマホ転送」が利用可能だ。

 このほか、新型バッテリー(NP-BX1)を採用することで、撮影可能枚数も従来の約320枚から約400枚に向上している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画