このページの本文へ

【週刊アップル】iPhone、Mac、iPad関連の1週間 まとめ(3/22~28)

2013年04月01日 07時00分更新

花田祐輔/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

22日(金)
・2012年の国内携帯電話シェア、アップルが初の首位

 2012年の携帯電話およびスマートフォン端末の国内市場において、アップルがシェア23.3%で国内市場では初となる年間1位を獲得したことが、IDC Japanの調査で明らかとなった。なお、2011年の年間シェアは第3位だった。

・「Apple ID」に2段階認証オプション導入
 米アップルは「Apple ID」のセキュリティ強化のため2段階で認証するオプション機能を米国ほかイギリス、オーストラリアなど一部地域で提供開始した。従来のIDに加え、SMSで送られてくる4桁の数字を入力するというもの。日本での導入は未定。

23日(土)
・BtoCブランドランキングでアップルが2年連続首位に

 日経BPコンサルティングが毎年実施しているブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2013」の、コンシューマ市場(BtoC)編ランキングにおいて、アップルは昨年に引き続き首位に。ビジネス市場(BtoB)編でも2年連続となる2位をキープした。

24日(日)
・アップル、再生エネルギー利用を拡大

 米アップルは世界中にある同社施設で使用する再生可能エネルギーの利用率を75%まで拡大した。最終目標は利用率100%としており、すでにカリフォルニア州のベイエリア、およびノースカロライナ州メイデンのデータセンターでは利用率が100%に達したと発表した。

27日(水)
・アップル、インドでフランチャイズ店舗拡大へ

 米アップルは2015年までにインドでフランチャイズ店舗を現在の3倍にあたる約200店程度まで増やす計画だと、インドの「The Economic Times」が伝えている。アップルは、インドでは米国や日本などで展開する直営店「アップルストア」とは異なる、フランチャイズ方式のアップル専門店舗「Apple Premium Reseller」を展開している。

カテゴリートップへ

ピックアップ