このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第34回

超小柄ながらも高性能な「ストラップフォン2」を使う理由

2013年03月26日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

とってもコンパクトだが
入力しやすいのはそのまま

 ストラップフォンのテンキーは極小で、初見の印象では「入力しにくい」と感じる人が多いだろう。実際にはその逆で、触ってみると妙に入力しやすく感じる。側面から見てみると、キーが盛り上がってるだけでなく、行間が用意されているのがわかる。また、行ごとに微妙に高さが異なっており、そのため指先でキーの違いを判別できるようになっている。実機を真横から見てみると、微妙な段差はわかっていれば気が付くレベルなのだが、指先の精密なセンサニングをよく把握したキー配列なのだ。

 センターキーにもやや小さいが凹凸があるため、親指でもすんなり押すことができるだろう。機能としては、電話とEメール中心で、頻繁に操作することはない部分だが、ちゃんとこだわりが感じられる作りを店頭でよくチェックしてもらいたい。

ファーストタッチで入力してみたところ。ミスもなく、すんなりと文章を入力できてしまった

ダイヤルキーにはLEDバックライトも用意されている。暗いところではやたらと明るく、ちょっと照らすこともできた

メニューは6種類。左上から電話、メール、赤外線通信、アラーム、マナーモード、設定。とてもシンプル

 通話品質については、ストラップフォン1で感じた微妙なノイズが少なくなっている印象だった。通話チェックはイエデンワで発信を行ない、ノイズを体感できるかどうかというやり方で試した。もっとも音声品質がいいのはイエデンワなので、イエデンワ側から受話した場合にノイズがあるのかどうか。またイエデンワ側から発話して、ストラップフォン2で受話した場合にノイズがあるのかどうかといった確認だ。

 上記の通り、ややノイジーではあるが、聞き取る分にはなんら問題のないレベルだった。どちらかというと、小さすぎるため、しばらくは持ち方に迷うのが気になるくらいだ。なお、オススメの持ち方だが、マイクは本体底部にあるため、両側面をつまむ感じにするといい。

通話の前に可動式アンテナを動かしたほうが音質はよくなる

通話チェック中の風景。可動式アンテナがないと、通話中だとわかりにくいくらいの小ささである

ストラップフォン2もストラップアクセサリになる

 ストラップフォン1の時にも記述したが、コンパクトすぎるあまり、単体では室内迷子になる確率が極めて高い。カバンの中でも同様で、探すのに一苦労というシーンが大いに想定される。そのため、ストラップフォン2も何かしらのガジェットのストラップにしておくと、使い勝手が向上する。ストラップフォン1時は伸縮式のストラップケーブルを利用していたが、ストラップフォン2ではカラビナの活用を提案したい。伸縮式ストラップケーブルでもいいのだが、微妙にケーブルが伸びてしまい、邪魔に思うことが多かったからだ。

余っていたストラップにカラビナを取り付けてみた

スマホのストラップにくっつけたところ。通話時は取り外して通話してもいいし、通話だけなら、そのまま話してもOK

わけもなく、巨大なストラップアクセサリに取り付けてみたところ

カラビナのひっかけやすさを考えると、カバンにセットしておくのも便利でいい

緊急用の回線と考えるのなら、ケーブル入れに一緒に入れておくのもいいだろう

普段使いにも緊急用にもアクセサリにも!

 ストラップフォン1から外観的な変化はないものの、可動式アンテナやEメールに対応など、要望を受けてのアップデートが目立つ。使い勝手は、上記の通りキー入力もしやすく、通話品質も上々なので緊急用回線だけでなく、通話用のメイン端末としても運用できる。

 通話に関しては「だれとでも定額」の存在が大きく、通話料金を抑えたい場合はスマホとのセット運用も大きな魅力だ。ストラップフォン2も生産数が少ないので、ストラップフォン1を入手し損ねたという人は今すぐショップに走ってもいい仕上がりになっているし、初見の人もコンパクトながら使い勝手の良さを実際に店頭でよくチェックしてもらえれば、なぜこんなにオススメするのかがわかるだろう。

 なお、現在はウィルコムストアでは売り切れになっており、ウィルコムプラザなどの店頭在庫のみになっているので、注意してほしい。

■関連サイト

「ストラップフォン2 WX06A」の主要スペック
メーカー エイビット
ディスプレー 1型液晶
サイズ 約32×70×10.7mm
重量 約32g
バッテリー容量 約400mAh
連続待受時間 約300時間
連続通話時間 約2時間
バッテリー容量 -
リモートロック
赤外線
ライトメール
Eメール ○(テキストのみ)
カラバリ ホワイト、ピンク、ブラック

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン