このページの本文へ

なんだコレ! ワイモバイルがハート型PHS イエデンワのエイビットが開発

2015年01月21日 13時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワイモバイルは、PHSの新型通話端末としてハート型のギミックが特徴的な「Heart 401AB」を発表した。発売は3月下旬の予定。端末の開発・製造はイエデンワやストラップフォンといった極めて特徴的なPHS端末で知られるエイビットが担当した。

なんかまたスゴイPHSがリリースされた!

 Heart 401ABは普段はハートマーク型、ハートの真ん中で捻ることでストレート型になるというこれまでにない形状の端末。機能的には通話のみ(SMSも非対応)という割り切りとなっている。

ハート型を捻るとこうなる

 ワイモバイルでは「第一声が『可愛い!』と言われるデザイン」を狙い、「携帯電話から『音声』と『デザイン』を切り出した」端末としており、2台持ちが前提となると言える。

ワイモバイルならではのチャレンジという点も繰り返しアピールされた

 本体サイズはハート型時が約68×68×26mm、ストレート型時が約43×93×26mm、重量は約54g。連続待受時間は約160時間で、連続通話時間は約2時間となっている(ともに測定中)。端末価格は実質価格で1万2600円(350円×36回、税抜)となっている。

通話に割り切った仕様が特徴的
詳細な写真は後ほどお届け予定!

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン