このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

4K2K時代に向けた、シャープの誇りと熱意

並外れた高級機、ICC PURIOSはどんな映像体験を提供するか

2013年03月15日 11時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左から筆者の鳥居一豊氏、シャープ デジタル情報家電事業本部 液晶デジタルシステム第1事業部 第1商品企画部 部長の指出実氏、デジタル情報家電事業本部 AVシステム開発センター 第2開発部 副参事 小池晃氏

異例の高価格機を開発したシャープ
ICC PURIOUSは何を目指すのか?

 地デジ化完了以降、テレビの需要は未だ低迷したままだ。そこには、需要の先食いや国内外の不景気など、いろいろな事柄が複雑に関わっている。しかし、テレビ業界は決して意気消沈してはいない。テレビの進化は止まらないし、昨年には次世代テレビとして注目される4Kテレビが各社から発売された。

 4Kテレビとは、水平方向の画素数がおよそ4000(=4K)画素ある高精細テレビの総称。現在はフルHDの画素数(1920×1080)を水平・垂直方向ともに2倍した3840×2160画素のものが多い。こうした4Kテレビのひとつとして、シャープから発売されたのが「ICC PURIOS LC-60HQ10」。希望小売価格は262万5000円で、受注生産となる超高級モデルだ。

 登場したばかりの4Kテレビは価格が高価だが、LC-60HQ10はそれよりもさらに上のハイエンド層をターゲットにしている。

 こんな高価格なモデルとしたのは何故なのか? そして、その価格に見合うだけの実力が果たしてあるのか? これまでの薄型テレビとはスケールが違いすぎるだけに、疑問は山のように浮かぶ。ならば、読者に代わってその疑問をすべてシャープにぶつけるのが筋ではないだろうか。

機能面ではハイエンドAQUOSを踏襲し、ICC技術を導入

 まずは、LC-60HQ10の概要について紹介しよう。昨年から何度かニュースでも紹介しているアイ・キューブド研究所が開発した高精細化技術「ICC」を搭載(関連記事)、シャープが独自開発した3940×2160画素の4Kパネルを組み合わせ、共同で開発した薄型テレビだ。4Kが映像・音の実力はインタビューと合わせて後で詳しく紹介していくが、その他の機能としては、従来のAQUOSで採用された機能のほとんどが盛り込まれている。

ICC PURIOS LC-60HQ10

 GUIインターフェースは「ビジュアルモーションガイド」で、テレビを視聴しながら、ユーザーの嗜好に合った番組を探したり、ネット検索で気になる話題や動画配信などを自在に調べるなど、大画面を生かした快適な操作ができる。多彩な動画配信サービスへの対応や、スマホ連携、DLNAクライアント機能と、充実した機能を備えている。

 もちろん、USB HDDを追加してテレビ番組の録画も可能で、3チューナー内蔵のため、テレビ視聴に加えて2番組同時に録画できる。とはいえ、これはシャープのAQUOSのXL9シリーズなどの上級機でも同様だ。

AQUOSとは一線を画す、ICC PURIOSのブランドを掲げる意味は?

 では、LC-60HQ10はどこが凄いのか。まずは、第1商品企画部の指出実さんにICC PURIOUSという新ブランドを起こしたところから聞いていこう。

デジタル情報家電事業本部 液晶デジタルシステム第1事業部 第1商品企画部 部長 指出実氏

指出 LC-60HQ10は、これまでのAQUOSとは一線を画したものとして開発されたテレビです。開発当初の目標は「今できる最高のもの」です。アイ・キューブド研究所のICC技術と当社のパネル技術、テレビ技術を結集した最高のテレビを目指しました。

 最高のものを求める人のために価格の制約を度外視して開発したモデルというわけだ。最近の国内メーカーではほとんど聞かない言葉だが、実用的なテレビではなく、高品位な映像や音にこだわる人のための趣味性の高いテレビということだ。

指出 想定する購入層も、富裕層や最高の物を求めるこだわりの強いお客様、ホームシアターを楽しんでいる人など、限られた人になってしまいます。同じテレビでもかなり性格が違いますので、ICC PURIOSという新しいブランドで展開したわけです。

 車で言えば、実用車とスポーツカーやスーパーカーというような違いと言えるだろう。決して誰もが買えるような製品ではないが、趣味性の高いテレビとして、こういう憧れの製品が登場することは大きな価値があるだろう。

 そのため、アルミフレームを採用したデザインも、シンプルでありながら高級感たっぷりで、なかなか気品のあるたたずまいだ。画面下部からスタンドまでラウンドを描きながら一体化されたフォルムも独特だ。ちなみにこれは、前面に備えられたスピーカーの音をスムーズに拡散させる点でも役立っているという。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン