このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第32回

「G'zOne」などタフなスマホのスタミナと小技を調べた

2013年03月06日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「RAZR M」の「SMART ACTIONS」は
状況に合わせて自動で設定が変わる

 RAZR Mの目立つ独自機能といえば「SMART ACTIONS」だ。あらかじめ設定をしておくことで、状況に合わせて決まった動作を自動的にしてくれる機能だ。たとえば「スマホを使っていないときはGPSをオフに」といった具合。「トリガー」と「アクション」を決めて、ルールを作成することで有効になる。

 「トリガー」はアクションが始まるキッカケとなる動作。たとえば「時間帯」を指定する。「アクション」ではそのトリガーによってどんな機能をオン・オフにするかを指定する。たとえば「音量を低めにする、消す」といったことが、指定した時間帯に自動的に行われる。最初はサンプルがあるので、そのルールを使って少し変えて使ってみると分かりやすい。

SMARTACTIONSはユーザーが作成した条件で、端末の設定を自動的に変更することでバッテリーを節約できる機能だ

 もうひとつ独自の機能として「ボイスコマンド」がある。Siriやしゃべってコンシェルのような会話をしている感じはなく、機械的な音声で読み上げ、機能を呼び出す。海外製端末では比較的定番的な機能だが、精度がイマイチな印象。アドレス帳でなかなか呼び出したい人が現れなかったり、呼び出したい機能が違うことが多い。使いこなしには時間が必要だ。

 また本体設定の「音」に「オーディオ効果」がある。有線ステレオ(イヤホン)時のエフェクト、サラウンド、イコライザーの変更が可能だ。なおスピーカー時でもイコライザーが調整できる。アプリ自体は豊富だが、多くはソフトバンク、ヤフー系のアプリでモトローラ独自のアプリは多くない(他機種も最近はその傾向が強いが)。

オーディオの設定やボイスコマンド機能も


MEDIAS Uがリードを守る
3機種とも光るものアリ

 今回はMEDIAS UがYouTubeテストでトップ、他の比較でも極端に離された印象が無く、総合でも勝利として良いだろう。G'zOne TYPE-Lは第2回のスピード比較でサクサク使えたり、今回はワンセグで圧勝しながらYouTube視聴で敗北、とこちらが思ってもみない結果が出てくるので、実際に長期間使ってみるとまだ発見がありそうだ。

 RAZR Mは最後に「SMARTACTIONS」という、便利でカスタマイズするのが楽しくなる機能を用意していたので、見せ場は作れたと思う。最近はどれも似たり寄ったりのスマホが多くてつまらない、という人には3機種とも挑戦しがいがありそうだ。

 次回は春モデルのクアッドコアCPU搭載機として、Xperia Z、INFOBAR A02、ARROWS Aを比較する。人気の3機種、しかも高性能。普通に考えればこれまでで最強の3台のはずだが、さて結果はどうなるだろうか。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン