このページの本文へ

CoolerMaster「Seidon 120M」

クーラーマスター久々の水冷クーラー「Seidon 120M」が発売

2013年02月16日 22時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターからオールインワン水冷CPUクーラー「Seidon 120M」が発売された。同社久々の水冷クーラーの新モデルだ。

クーラーマスターから久々の水冷キットが登場。「Seidon 120M」が発売となった

 銅製のベース部に微細な溝を設けることで表面積を大幅に広げる「マイクロチャンネル」を採用するのが特徴のオールインワン水冷クーラー。加えて狭い流路でもスムーズに冷却液を循環できる強力なポンプを実装することで、従来の水冷クーラーに比べて高い冷却性能を実現させたという。

銅製のベース部に微細な溝を設けることで表面積を大幅に広げる「マイクロチャンネル」を採用。コンパクトサイズでマザーボード上のコンポーネントやケースとの干渉の心配もない

 冷却用のラジエーターは、120mmの冷却ファン(回転数600~2400rpm、風量19.17~86.15CFM、騒音値19~40dBA)が装着可能なスタンダードタイプ。サイズは118(W)×27(D)×150.3(H)mmで、対応ソケットはIntelがLGA 2011/1156/1155/1150/775、AMDがSocket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2となっている。
 価格は1万1800円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

付属の120mmファン。価格は1万1800円で、並みいるライバルとシェアを争うこととなる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中