このページの本文へ

CoolerMaster「Eisberg 240L Prestige」、「Eisberg 120L Prestige」

冷却液の交換が可能なCM製オールインワン水冷クーラー

2014年01月18日 20時37分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターからオールインワン水冷CPUクーラー「Eisberg 240L Prestige」(型番:RL-EB24-16FK-R1)と、「Eisberg 120L Prestige」(型番:RL-EB12-16FK-R1)が発売された。両社の違いはラジエーターのサイズ。

クーラーマスターのオールインワン水冷CPUクーラー「Eisberg 120L Prestige」。ツクモパソコン本店とBUYMORE秋葉原本店でサンプルを展示中だ

 最大の特徴は、ポンプとリザーバータンクと水枕を一体化した「Eisberg Core」だ。タンク上部には冷却液用の穴が設けられており、冷却液の入れ替えや補充が可能になっている。オールインワンタイプの水冷システムで、冷却液のメンテナンスができる製品は珍しい。

 「Eisberg Core」のサイズは65.71×66×66.95mm。CPUが接触するベース部は銅製で、微細な溝を設けることで表面積を広げ、冷却効率を上げる「マイクロチャンネル テクノロジー」を採用する。

タンク上部には冷却液交換用の穴が設けられている。オールインワンタイプで、冷却液のメンテナンスができる製品は珍しいベース部は銅製。ポンプの出力は毎時40リットルで、ポンプ自体の騒音値は25dBAだ

 ラジエーターは、120mmの冷却ファン(回転数1600rpm、風量60.2CFM、騒音値20.5dBA)を装着するスタンダードタイプで、240Lモデルはファンを2基並べて装着、120Lモデルはラジエーターを挟み込むかたちで2基装着する。ラジエーターサイズは240Lモデルが280(W)×124(D)×30(H)mm。120Lモデルが156(W)×124(D)×30(H)mm。対応ソケットはインテルがLGA 2011/1366/1156/1155/1150/775 、AMDがSocket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2となっている。価格は以下の表の通り。

価格ショップ
「Eisberg 240L Prestige」
¥25,980ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
BUYMORE秋葉原本店(近日入荷)
「Eisberg 120L Prestige」
¥23,980ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
BUYMORE秋葉原本店(近日入荷)

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中