このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「LuvBook L」ロードテスト ― 第4回

7万円台でこんなUltrabookにはなかなかお目にかかれない

ベンチ結果で「LuvBook L」のコスパがイイと判明!

2013年01月23日 11時00分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
(注)あくまでイメージなので、真似しないようにしましょう

 マウスコンピューターが販売しているLuvBook Lは、14型グレア液晶採用で、重さ約1.76kg、薄さ約21mmのUltrabookだ。前回は2つのLuvBook L、Windows 7搭載「LB-L450S」と、Windows 8搭載「LB-L410S※1の筐体の違いについて触れた。今回はスペックの違いと値段について触れていきたいと思う。

※1 現在はLB-L410Sの後継機種「LB-L411S」が販売されています。

構成控えめ?性能は高め!なLB-L410S

 まずは2つのLuvBook Lのスペックを紹介しよう。

主なスペック
製品名 LuvBook Lシリーズ
製品型番 LB-L450S LB-L410S
価格 8万9880円 6万9930円
CPU Intel Core i7-3517U(2コア/1.90GHz) Intel Core i5-3317U(2コア/1.7GHz)
メモリー 8GB 8GB
ストレージ SSD 240GB SSD 240GB
チップセット Intel HM77 Express Intel HM77 Express
光学ドライブ ―― ――
グラフィックス NVIDIA GeForce GT640M / Intel HD Graphics 4000(NVIDIA Optimus テクノロジー対応) Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ディスプレー(最大解像度) 14型 グレア液晶(1366×768) 14型グレア液晶(1366×768) 
インターフェース USB 2.0×2、USB 3.0×1、アナログRGB端子、HDMI出力端子、マルチカードリーダー USB 2.0×2、USB 3.0×1、アナログRGB端子、HDMI出力端子、マルチカードリーダー
バッテリー駆動時間 約5.5時間 約5時間
本体サイズ 幅344×奥行き240×高さ21mm 幅344×奥行き240×高さ21mm
重量 約1.83kg 約1.76kg
OS Windows 7 Home Premium 64ビット Windows 8
Windows 8搭載のLuvBook L「LB-L410S」

 Windows 7モデルのLB-L450Sは、CPUがIntel Core i7-3517U(2コア/1.90GHz)、メモリー8GBに、SSDは240GBという構成だ。また、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 4000に加え、NVIDIA GeForce GT640Mを搭載するのが特徴だ。

 Ultrabookで外付けのGPUが搭載されている機種は、それほど多くはない。PCゲーム好きで、Ultrabookが欲しいというユーザーは間違いなく購入を検討する機種だったと思う。価格も8万9880円で、構成からすると「あら、おトク!」というお値段だ。

 ベンチマークの結果を見ても描画力の高さがうかがえ、軽い3Dゲームなら問題ないという判断ができる。

Windows 7モデル LB-L450SのWindows エクスペリエンス インデックスの結果
Windows 7モデル LB-L450Sの『モンスターハンターフロンティア(大討伐)』のベンチマーク結果(全画面表示)Windows 7モデル LB-L450Sの『モンスターハンターフロンティア(大討伐)』のベンチマーク結果(解像度 1280×720)
Windows 7モデル LB-L450Sの『PHANTASY STAR ONLINE 2』のベンチマーク結果(全画面表示)Windows 7モデル LB-L450Sの『PHANTASY STAR ONLINE 2』のベンチマーク結果(解像度 1280×720)

 比べて、Windows 8モデルのLB-L410Sは控えめな印象のスペックだ。CPUはIntel Core i5-3317U(2コア/1.7GHz)を搭載。メモリー8GBと240GBのSSDはWindows 7モデルと変わりはないが、グラフィックスはIntel HD Graphics 4000という構成である。

 Windows 7モデルのLB-L450Sとまったく同じベンチマークをWindows 8モデルのLB-L410Sでも取ってみた。

Windows 8モデル LB-L410Sの結果は一見悪いように見えるが、実はなかなかか健闘している数値だ
左が全画面表示のベンチ結果で、右が解像度 1280×720の結果。妥当な数値だ
こちらも左が全画面表示のベンチ結果で、右が解像度 1280×720の結果。PSO2をプレイするのは難しいかも

 ゲームのベンチマーク結果は当然といえば当然だが、「Windows エクスペリエンス インデックス」の結果は興味深い。Windows 7モデルのLB-L450Sと比べ、グラフィックス以外は大差がない。データの転送速度に至ってはWindows 8モデルのLB-L410Sの方が上という結果が出た。構成で多少見劣りしているように見えるが、実際の性能はいいものだとわかる。



マウスコンピューター/G-Tune

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune