このページの本文へ

International CES 2013レポート第4回

5インチフルHD液晶搭載で防水対応の「Xperia Z」が登場!

2013年01月08日 15時58分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Xperia Z

 ソニーは7日(現地時間)、米国ラスベガスで開催される「International CES 2013」に合わせて記者説明会を開催し、スマートフォン「Xperia」ブランドの最新機種「Xperia Z」「Xperia ZL」を発表した。5インチサイズながらフルHD解像度の高精細ディスプレーを備える。海外での発売は2013年第1四半期の予定。Xperia Zについては、日本市場への投入も日本語版のプレスリリースで言明されている。

Xperia Zの背面。艶やかな黒が美しい

 XperiaブランドのフラッグシップモデルとなるXperia Zは、現在スマートフォンで人気のある機能や要素を、薄くフラットな美しいボディーに詰め込んだ製品である。前面背面ともにフラットなデザインは、さながら「モノリス」のようだ。搭載するディスプレーは5インチサイズで、解像度は1080×1920ドットのフルHD解像度という、スマートフォンでは屈指の高解像度ディスプレーを採用している。

Xperia ZL。デザインはZと非常によく似ているXperia ZLの側面。シンプルだがスマートなデザイン。ホームボタンはハードボタンではなく画面をタッチする

 CPUにはクアッドコアのSnapdragon S4 Proを採用。映像処理エンジンとして、「Mobile BRAVIA Engine 2」も搭載している。通信方式はもちろんLTE対応である。

 カメラに関する仕様としては、1300万画素の「Fast-capture」カメラを内蔵。撮像素子に「Exmor RS for mobile」を採用し、世界初のHDRビデオ撮影が可能とうたっている。

Xperia ZLの特徴。5インチサイズのフルHDディスプレーは大きな魅力だ

 本体の厚さはわずか7.9mm。さらに防水防塵機能(IP55およびIP57相当)も備えており、説明会では水の中に本体を付けるデモも披露されていた。Xperia ZLはディスプレーサイズは同じながら、Zよりやや小さい製品で、防水防塵機能は備えていない。

Xperia Zを水に漬けるデモ。ボタンを押すとXperia Zを固定したアームが下に下がり、水の中に入ってしまうが問題なく動く

 内蔵するNFC機能を使った機器連携機能も特徴である。ソニーのNFC機能搭載スピーカーやBluetoothヘッドホンと、タッチをするだけで同期ができたり、Xperia同士でタッチするだけでデータ交換が可能となっている。専用の周辺機器ではないが、NFC機能を備えるネットワークストレージ機器「Personal Content Station LLS-201」という製品も同時に発表された。LLS-201の上にXperia Zでタッチすると、スマートフォン内の写真や動画をLLS-201と共有するといった使い方ができる。

NFC機能を使った機器連携がXperia Zの大きな特徴。Xperia Z同士をタッチすればデータ交換ができる
NFC対応のコンパクトなNAS「Personal Content Station」(左)。Xperia Zを上に乗せると、データを自動で共有できる

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン