このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

International CES 2013レポート第9回

2013年、怒濤のごとき4Kテレビの大波がやってくるのか?

2013年01月10日 17時43分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 北米最大の家電見本市である「International CES」。PCが主役級になったり、その座から滑り落ちたりと、ジャンルによって栄枯盛衰はあれど、いつも必ず主役級の存在であり続けているのが、テレビである。

 2012年のCES 2012では、テレビ界の主役は「スマートテレビ」であった。そして2013年に主役となったのは、間違いなく「4Kテレビ」(4K=3840×2160、米国ではUHD TVとも呼ぶ)だ。この記事では各社の4Kテレビの動向についてお伝えしたい。

55インチ以上で4Kテレビを拡充する理由として東芝は、フルHD解像度では大画面化にともない、画素密度の荒さが目についてしまい、満足感が低下することを挙げている

先陣を切って買いやすい価格を目指す東芝

左から84インチ、65インチ、58インチの3種類を投入する東芝

 既報のとおりCESでは先陣を切って4Kテレビの新製品を発表したのが東芝だ。84インチを筆頭に、65インチと58インチの3製品をラインナップ。特に65インチと58インチは、「インチ/1万円」を切る実売価格を予定すると宣言。100万円を超える製品が珍しくない4Kテレビ市場にも、それなりにリーズナブルな価格帯の製品が早くも登場するようだ。とはいえ、各社とも現状のテレビ市場の値崩れは繰り返したくはない。4Kテレビは当面、プレミアムな価格帯に止まるだろう。

六畳間でも(あまり)無理なく置ける58インチ4Kテレビ
4Kテレビの魅力は圧倒的な高精細。マンハッタンの夜景を4K撮影した映像では、まさに肉眼で見ているかのような精緻な風景を映し出す東芝では現状で最も簡単に4K出力が可能であるPCを使い、4K解像度でのゲーム画面をひろうしていた

ソニーとパナソニックは56インチの4K有機ELを出品

ソニーが発表した世界初の56インチ4K有機ELテレビ。写真の場面は新宿の夜景

 日本勢ではソニーとパナソニックが、4K解像度で56インチの有機EL(OLED)テレビの試作機を披露して話題を呼んだ。ソニーは56インチ4Kとしては世界初の有機ELテレビでもあり(関連記事)、その美しい発色とコントラストを試作機でも存分に披露していた。パナソニックが披露した56インチ4K有機ELテレビは、自社開発の印刷技術を用いてパネルを生産するとのことで、既存の有機ELディスプレーパネルよりも低コストでの量産が可能と見られている。

ソニーの翌日に、パナソニックが発表した56インチ4K有機ELテレビ。表示品質の高い大画面有機ELディスプレーパネルを、低コストで作れる技術と期待されている

 ソニーは液晶テレビでも、84/65/55インチの3製品の4Kテレビを発表。こちらも55インチサイズ以上のラインナップを拡充していく。

ソニーの新しい4K「ブラビア」。3種類のサイズを製品化するデザインは昨今では珍しい、画面の両サイドに目立つスピーカーを配置したデザイン。映像だけでなく優れた音質も持つことを、見た目からアピールする

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン