このページの本文へ

年間1ユーザー5500円から提供

シマンテック、クラウド型エンドポイントセキュリティ提供

2013年01月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月7日、シマンテックは中小規模企業向けのクラウド型エンドポイントセキュリティサービス「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013」を発表した。

Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013の画面(同社サイトより抜粋)

 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013は、エンドポイントセキュリティの管理をクラウドから行なえるサービス。Webからプログラムをダウンロードすることで、最新の定義ファイルが自動更新されるという。管理者はWebベースのコンソールを数回クリックするだけで、セキュリティ設定の変更、アラートのセットアップ、管理配下のPCの保護状況の確認、レポート表示などが行なえるという。最新のWindows 8にも対応するほか、USBデバイスの制御も可能になっている。

 提供は、販売パートナーを経由した間接販売となる。参考価格は年間1ユーザーあたり5500円から(1~24名規模企業の場合)となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ