このページの本文へ

SharePoint Online/Office365への対応も計画

SharePoint用のワークフロー「Nintex Workflow」に新版

2013年01月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月7日、リアルコムはSharePoint 2013用のワークフロー製品「Nintex Workflow 2013」を発表した。Nintex Workflow 2013は、米Nintex社(以下Nintex社)が開発・販売する製品で、2010年からリアルコムが国内での販売を手がけている。

 Nintex Workflowは、SharePoint標準のワークフローにアドオンする形で利用する。SharePoint上からドラッグ&ドロップで直感的にワークフローを作成できる優れた操作性と外部システム連携を含む100種類以上のワークフローアクションの組み合わせによって実現される拡張性を大きな売りにする。

Nintex Workflow2013ワークフローデザイン画面イメージ(プレビュー版)

 英語版は昨年末から提供されており、日本語版は準備が整い次第提供するとのこと。価格は250万円から。

 当初はオンプレミス版のみだが、今後はクラウドへの対応も予定。SharePoint2013ベースのSharePoint Online/Office365に対応する「Nintex Workflow Online」が計画されているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ