このページの本文へ

MPLS網を監視する「Hexa」が日立「JP1」と連携

2012年12月27日 06時00分更新

文● 八木澤 健人/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月26日、クラウド・スコープ・テクノロジーズは視覚的にMPLSネットワークを監視・管理できるシステム「Hexa」が、日立の統合システム運用管理システム「JP1」と連携可能になると発表した。「JP1 Certified」として日立から正式に認定され、両システムをシームレスに連携させることができるという。

連携概要

 Hexaはサービスやエレメントを関連づけたパスを可視化し、MPLS網を一元管理するシステム。ネットワーク上で発生した障害をリアルタイムで検出し、視覚的に障害の原因と影響範囲の特定ができる。

Hexa 機能概要

 JP1はネットワーク全体を視覚的に一元管理する機能を持つが、JP1単体ではネットワークサービスパスや予備回線の監視はできなかった。今回の連携によってHexaで管理しているMPLSのパスイベントをSNMPトラップとしてJP1に自動的に集約することが可能になり、ネットワーク機器からパスまで一元的に管理できるようになる。

カテゴリートップへ

ピックアップ