このページの本文へ

日本語マニュアル付属の高速デュアルコア中華タブ

2012年12月14日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本語パッケージを採用し、日本語マニュアルが同梱された国内向けの7型Androidタブレット「KPD-701PS」があきばお~零とパソコンショップアークに入荷している。デュアルコアCPUやIPS液晶を採用するスペックの高さも特徴だ。

デュアルコアCPU&IPS液晶採用の高性能な7型タブレット「KPD-701PS」が発売。メインチップはメディア再生能力には定評のあるRockchip「RK3066」が採用されている

パッケージ裏の仕様表はすべて日本語で、日本語マニュアルも同梱される国内向けの製品。どこにもメーカー名の記載はないものの、ショップによれば「恵安が取り扱っている製品」とのこと

 国内向けパッケージを採用する高性能なデュアルコアCPU搭載タブレットが販売中だ。製品には日本語のマニュアルも同梱されているため、比較的初心者にも手が出しやすいモデルといえる。

 メインチップはデュアルコアCPU&クアッドコアGPU構成のRockchip「RK3066 1.6GHz」を実装するほか、DDR3 1GBのメモリ、解像度1024×600ドットのIPS液晶ディスプレーを搭載するなどスペックは上々。その仕様や外見から、おそらく8月に登場のCUBE製中華タブレット「U30GT DualCore Mini」がベースモデルになっていると思われる。パッケージから察するに、UIも同様にWindows 8(Modern)風のものが採用されているようだ。

Windows 8を思わせるUIや製品仕様、デザインは「U30GT DualCore Mini」に似通っている。以前中華タブレットだからとスルーした人にはちょうどいい選択肢かもしれない

HDMIもしっかり搭載される充実のインターフェイス。金属素材を使用する側面フレームの出来も立派なもので、安っぽい端末が嫌いな人も満足できる。厚みは1cm強

 そのほか、搭載ストレージは16GBで、外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCに対応する。フロントとリアに200万画素のカメラを実装。OSはAndroid 4.0で、IEEE 802.11b/g/nの無線LANをサポートする。

 本体サイズは幅195.6×奥行き114.4×高さ10.5mmで、重量は320g。バッテリー容量は3000mAh。価格は1万2800円で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン