このページの本文へ

外資系通信事業者として初めて、通信サービスのライセンスを取得

NTT Com、ベトナム国内の通信サービスを開始

2012年12月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月13日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)はグループ会社「Global Data Service JSC」(GDS)を通じて、ベトナムにおける通信サービスの提供に必要なライセンスを外資系通信事業者として初めて、11月26日に取得したと発表した。

 これに伴い、GDSとベトナム現地法人「NTT Communications (Vietnam) Ltd.」が連携し、ベトナム国内の拠点間を結ぶ企業向けデータネットワークサービスを2012年12月13日より提供開始するという。

 NTT Comグループでは、ベトナムにおいてすでに提供しているデータセンターなどのサービスに、データネットワークサービスを組み合わせた幅広いICTソリューションをワンストップで提供。ベトナムに進出する企業の事業展開を支援していくという。

カテゴリートップへ

ピックアップ