このページの本文へ

NZXT「Phantom 820」

NZXTから独自ギミック満載のE-ATXケース「Phantom 820」が登場

2012年12月13日 22時13分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NZXTからE-ATX対応の新型PCケース「Phantom 820」が登場。オリオスペックではブラック、ホワイト、ガンメタルの3色を販売中だ。

E-ATX対応の新型PCケース「Phantom 820」がNZXTから登場。ブラック、ホワイト、ガンメタルの3色を販売中

 同製品は、本体サイズが235(W)×612(D)×650(H)mm、重量15kgのフルタワータイプとなるPCケース。冷却ファンは、標準で搭載する3基の20cmファン(フロント/トップ/サイド/800rpm)とリアの14cmファン(1100rpm)1基を含めm合計9基まで搭載可能。回転数に応じてLEDインジケーターが変化する、15W対応4チャンネルファンコントローラーも備えている。

トップ部の様子。LEDカラーはレッドやブルー、グリーンなどユーザーの好きなカラーに設定できる
ケース内部の色調を調節可能なHUEライティングシステムやリアパネルには、パーツ組み込み時に手元を照らしてくれるホワイトLED照明を備える

 ベイ数は5インチ×4、3.5インチシャドウベイ×6で、大型ケースらしくトップに280/360mm、ボトムに240/280mmサイズのラジエーターも搭載可能。さらにケース内部の色調を調節可能なHUEライティングシステム。リアパネルには、パーツ組み込み時に手元を照らしてくれるホワイトLED照明を備えるなど独自のギミックも満載だ。
 価格は2万7900円となっている。

フロントトップにはカードリーダーやHUEライティングシステム用のツマミ、ホワイトLED照明のON/OFFボタンなどを備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中