このページの本文へ

アバー・インフォメーションが発表

H.323テレビ会議にSkypeで!プロトコルブリッジ「VCBridge」

2012年10月01日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月1日、アバー・インフォメーションは、テレビ会議システム「HVC シリーズ」のオプションとして、Skypeビデオ会議との統合を行なうビデオ会議プロトコルブリッジ「VCBridge」を発表した。

Skypeからも参加できるビデオ会議プロトコルブリッジ「VCBridge」

 本製品はサードパーティクライアント技術として「plugged into Skype」認定済み。H.323 規格を使うテレビ会議システムであるHVCシリーズとSkypeのインターネットビデオ通話とを、余分なコストと時間をかけずに、シームレスに橋渡しするという。

 これにより、Skypeのビデオ通話が利用可能な6.6億人を超えるユーザーにH.323 規格の多地点テレビ会議ネットワークへの参加を可能にし、外出中などでH.323対応機材が用意できなくても、ノートPCやタブレット端末、iPhoneなどのスマートフォンでもSkypeを使うことでテレビ会議に参加できるようになる。

「VCBridge」のスペック

 VCBridgeの価格はオープン。

初出時、誤解を招きかねない表現等がありましたので修正いたしました。(2012年10月1日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ