このページの本文へ

企業向けA4モノクロレーザー複合機「Satera」に新製品5機種

静音&新パネルでオフィスに優しい複合機「Satera MF4890dw」

2012年08月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月29日、キヤノンは、中/小規模事業所向けのA4対応モノクロレーザー複合機「Satera MF4890dw」など「Satera」シリーズの新製品5機種を発表した。各製品とも価格はオープンで、発売日は9月13日。

A4モノクロレーザー複合機の最上位機種「Satera MF4890dw」。本モデルは無線LANに対応しており、ワイヤレスでのプリントやスキャンが行なえる

 上位の3機種「Satera MF4890dw」「Satera MF4870dn」「Satera MF4750」はコピー、プリント、FAX、スキャンの4機能、「Satera MF4830d」「Satera MF4820d」はコピー、プリント、スキャンの3機能を搭載する。

 これら新製品では、操作部に水平・垂直の2段階に可動する「チルト式操作パネル」を採用。立った状態での上からの操作に加え、座った状態での横からの操作でも、液晶画面を確認しやすくなった。また、コピーを始めとするすべての機能の稼働音を抑える「静音モード」を新たに搭載し、静かさが求められる環境でも快適に使用できるとしている。

 印刷速度はA4タテで毎分25枚(MF4750は毎分23枚)で、独自のオンデマンド定着方式採用によりファーストコピータイムは9秒以下となっている。

各製品の主なスペック

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ