このページの本文へ

価格は仮想マシン100台を管理する場合で480万円から

NECの構成管理「WebSAM AssetSuite」にデータセンター版

2012年08月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月22日、NECはデータセンター向けの構成管理ソフトウェア「WebSAM AssetSuite DC Edition」の販売を発表した。

「WebSAM AssetSuite DC Edition」

 WebSAM AssetSuite DC Editionは、データセンター内のIT機器や各種アプリケーションの構成情報を自動収集し一元的に管理するソフトウェア。動作するアプリケーションの依存関係を自動検知・可視化することで、パッチ適用時の影響範囲を迅速に把握することが可能で、メンテナンス作業における運用管理者の負担を軽減できるという。

 また、管理対象の物理サーバー上で稼働する仮想マシンの数が増加しても追加ライセンス料が不要な仮想環境向けのプロセッサーライセンスを提供。低コストでの導入が可能だという。

 WebSAM AssetSuite DC Editionの価格は、仮想マシン100台を管理する場合で480万円から。保守費用は別途必要となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ