このページの本文へ

プライベートクラウド統合パッケージのモデルを追加

富士通、「Cloud Ready Blocks」小規模向けパッケージを拡充

2012年05月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月11日、富士通はプライベートクラウド統合パッケージ「Cloud Ready Blocks」のラインナップを拡充。プライベートクラウドのファーストステップとなる仮想化環境を実現するための「Express Model」や「Standard Model」を追加した。

 Cloud Ready Blocksはプライベートクラウドの構築に必要なサーバー、ストレージ、ネットワーク、仮想化環境、監視ソフトウェア、構築サービスなどを統合化したパッケージ。同社のパブリック型クラウドサービス「FGCP/S5」と共通の技術や製品を採用しつつ、同社の「沼津ソフトウェア開発クラウドセンター」での社内実践や、約2000件におよぶ顧客のプライベートクラウドの商談を通じて培ったノウハウのベストプラクティスを具現化しているという。

 ヒアリング項目に回答するだけで、事前検証済みの組み合わせから最適な構成を決定。必要なハードウェアとソフトウェアをあらかじめ工場でインストール、搭載済みの状態で出荷される。これにより、仮想化、標準化、自動化、サービス化などのステップを踏んだ本格的なプライベートクラウドを迅速に構築できる。

 今回追加されたExpress Modelは30VM程度の比較的小規模な仮想環境をより速く、安く、簡単に実現できるモデルで、仮想化や標準化までのステップを重視する。一方、Standard Modelは仮想環境を実現しつつ、将来プライベートクラウド環境へのステップアップも可能なモデルとなっている。なお、従来のプライベートクラウド環境構築モデルは、Enterprise Modelとして提供される。

Cloud Ready Blocksのモデルラインナップ(同社サイトより抜粋)

 ハードウェアとしては、XeonE5ファミリー搭載のサーバーを採用し、仮想化ソフトウェアとして最新のVMware vSphere5に対応した。また、ICTリソースの柔軟な割り当てや拡張を実現し、セルフポータルを用意する「ServerView Resource Orchestrator V3」を標準搭載する。

 Express ModelとStandard Modelの製品構成と希望小売価格は以下のとおり。希望小売価格は最小構成時で、搬入費用、現調費用、保守サービス費用は含まれない。

Express Modelの製品構成概要および希望小売価格(同社サイトより抜粋)

Standard Modelの製品構成概要および希望小売価格(同社サイトより抜粋)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ