このページの本文へ

集中管理などセキュリティアプライアンス4製品を発表

スパム対策35万通/時を誇る「FortiMail-400C」など

2012年04月10日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月9日、フォーティネットジャパンは中堅企業向けネットワークセキュリティアプライアンスの新モデル投入を発表した。集中管理システム「FortiManager-400C」、集中レポートシステム「FortiAnalyzer-400C」、統合セキュアメールアプライアンス「FortiMail-400C」、Webアプリケーションファイアウォール「FortiWeb-400C」の4機種で、順次リリースする。

中堅企業向けWebアプリケーションファイアウォール「FortiWeb-400C」。合計4製品がリリースされる

 1製品目のFortiManager-400Cは、フォーティネットのセキュリティインフラを集中管理するためのWebインターフェイスを提供。UTMアプライアンス「FortiGate」やFortiMail、そして「FortiClientエンドポイントセキュリティエージェント」のために、集中管理されたポリシーベースのプロビジョニング、設定およびアップデート管理を提供する。

 また、セキュリティ管理コストおよびオーバーヘッドを大幅に削減するために、デバイス検出やグループ管理、ファシリティ監査、メッシュ型/スター型VPN環境の管理などの機能も搭載。最大300台までのネットワークデバイスおよび最大50ドメインまでの仮想管理機能(ADOM)をサポートする。

 2製品目のFortiAnalyzer-400Cは、同社製品および他のsyslog互換デバイスからのログデータを収集し、分析・レポーティングを行なう。前モデル「FortiAnalyzer-400B」からは、メモリとストレージ容量が4倍増となり、大量のログ数をサポートするほか、秒あたりのロギングにおいて大幅な性能向上を達成しているという。また新たに、攻撃パターンの特定を効率化し、ポリシーコンプライアンスを測定することで、企業が個人情報管理やセキュリティ侵害に関する法規制への対応を支援する機能も搭載する。

 3製品目のFortiMail-400Cは、前モデル「FortiMail-400B」と比べて、時間あたりのメッセージ(MPH)パフォーマンスで130%増を実現。メールルーティングで40万メッセージ/時、アンチスパムで35万メッセージ/時、アンチスパムとアンチウイルスが混合した場合でも32万メッセージ/時を達成するという。また、利用可能メモリが4倍となり、ディスクストレージ容量を2TBに拡張している。

カテゴリートップへ

ピックアップ