このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

『アクセル・ワールド』TVアニメ放送直前SP企画第2回

われらAW設定研究会(前編)

『アクセル・ワールド』がASCII.jp読者必見である理由

2012年04月05日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 『アクセル・ワールド』の設定を紐解きながら、現実世界のIT技術を楽しく紹介するスペシャル企画。《ニューロリンカー》《ブレイン・バースト》《ソーシャルカメラ》――『アクセル・ワールド』の世界はどこまで現実になるのか? そして現実との境目はどこにあるのか? 社内屈指のPCマニアたちが壮大に脱線しつつ語り合う。(後編はこちらから!)

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project

後編はこちらから!

『アクセル・ワールド』の世界設定はどこまで実現可能?

遠藤 で、今日は何の集まりなの?

―― 4月6日からTVアニメがスタートする『アクセル・ワールド』の設定を紐解きながら、現実世界のコンピューター技術やその歴史を楽しく紹介しようという座談会です。具体的には『アクセル・ワールド』の世界設定はどこまで実現可能なのか、といった話をできればいいなと思います。

電撃小説大賞〈大賞〉受賞作、満を持してのTVアニメ化

『アクセル・ワールド1 -黒雪姫の帰還-』著者:川原礫/イラスト:HIMA/価格:599円/電撃文庫/最新11巻・4月10日発売予定

 『アクセル・ワールド』(著者:川原 礫)とは、「第15回電撃小説大賞〈大賞〉」受賞作にして、電撃文庫で刊行中の人気シリーズ。科学技術が発達した近未来を舞台に、謎の対戦格闘ゲーム《ブレイン・バースト》に巻き込まれていく子どもたちの、リアルで等身大の日常と恋愛、そしてバトルを描いた作品だ。

 また、同じく川原氏が執筆している『ソードアート・オンライン』(こちらも電撃文庫でシリーズ刊行中)も、7月よりアニメ化が予定されている。

 原作となる電撃文庫『アクセル・ワールド』は、現在累計230万部を突破。シリーズ最新刊となる11巻は4月10日に発売予定。そのほか、電撃文庫MAGAZINE(偶数月10日発売)でのコミック連載・月刊コミック電撃大王(毎月27日発売)でのスピンオフコミック連載など、原作小説・アニメ・コミックと多岐にわたって展開している。

『アクセル・ワールド01』著者:合鴨ひろゆき/原作:川原礫/キャラクターデザイン:HIMA/価格:599円/電撃コミックス/現在2巻まで刊行『あくちぇる・わーるど。(1)』著者:あかりりゅりゅ羽/原作:川原礫/キャラクターデザイン:HIMA/価格:788円/電撃コミックスEX『アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン』著者:笹倉綾人/原作:川原礫/月刊コミック電撃大王連載中

―― 我々に馴染み深いIT技術がSF設定の肝になっていたり大層興味深いのですよ。原作も噛めば噛むほど味が出るスルメのような内容でして、これはASCII.jp読者にもオススメせねばなるまい! ということで、コンピューター周りの技術と歴史に造詣の深いお2人にお声がけしたわけです。ちなみに、原作は読みました?

野口 「うん、面白かった! 初めてこのジャンルの小説を読破しました」

遠藤 「それくらい面白かったんだ! 僕はここんとこ忙しくて読みきれてないんだけど」

―― あんまり突っ込むといろいろアレなので、話を進めますよ……。

遠藤 諭。「月刊アスキー」元編集長。今回はコンピューター技術全般のうんちく担当。著書に、国内コンピューター業界のパイオニアたちを取材した『計算機屋かく戦えり』など多数。現在、アスキー総合研究所 所長野口岳郎。自作PC誌「ASCII DOS/V ISSUE」元編集長。今回はコンピューターの歴史と量子コンピューターなどの話題を担当。社内屈指のCPUマニアで、長年にわたってCPU開発の歴史を追い続けている

「もっと先へ……≪加速≫したくはないか、少年」
電撃文庫の大人気シリーズ『アクセル・ワールド』とは?

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project

 2046年、ニューロリンカーと呼ばれる携帯端末を用いることで生活の多くが仮想ネットワーク上で行われるようになった世界。だが、どんなに時代が進んでも「いじめられっ子」はなくならない……。

 ハルユキもそんな中学内格差(スクールカースト)最底辺に位置する一人であった。ローカルネットの片隅で、ひたすらにスカッシュゲームに打ち込むだけの暗く陰鬱な日々を過ごしていた彼だったが、ある日突然、校内一の有名人《黒雪姫》に声をかけられる。

 「もっと先へ……《加速》したくはないか、少年」

 彼女から謎のプログラム《ブレイン・バースト》を託され、《加速世界》の秘密を教えられたハルユキは、黒雪姫の『騎士』として戦うことを決意する……!!

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ