このページの本文へ

一回り小さいiPhoneのようなBluetoothハンドセット登場

2012年02月09日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 まるで小型のiPhoneのようなデザインのBluetoothハンドセット「R6」がSOUTHTOWN437で販売されている。メーカーは中国のRoman。

iPhoneにボタンがついたらこうなる、というデザインの「R6」。パッケージもiPhoneを意識したような作りになっている

 R6はBluetooth対応のスマートフォンやタブレットなどの子機として使用できる小型のハンドセット。面白いのはその外見で、特徴的な平たい形状や側面のボリュームボタンなど、そのデザインはさながら小型のiPhoneといったところ。

 また、R6はペアリングしたスマートフォンと電話帳データを同期し、内部メモリーに保存することが可能となっている。そのため着信対応のみならず、製品単体で宛先を選択して発信できるなど、機能面も外見に負けてはいない。さらに本体上部に音声出力端子を搭載しており、イヤフォンを接続することで音楽再生用のBluetoothレシーバーとしても利用できる。

 ただし、ショップスタッフが「電話帳データが丸ごと入った本体は個人情報の塊で、なくしてしまった場合は大変」と忠告するように、紛失にはくれぐれも注意したい。本体には4桁の暗証番号が設定できるほかストラップの取り付けも可能なため、本格的に運用する際は活用してみてはいかがだろうか。

ディスプレーでは同期したデータの編集が行なえるものの、平仮名とカタカナは表示できないので注意が必要。上部には音声出力端子を備える
裏面もまたiPhoneチックな外見。付属品も白を基調としたデザインを採用するなど、徹底している

 本体サイズは幅74×奥行き36.5×高さ10.5mmで、重量は32g。SOUTHTOWN437にて4980円で販売されている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン