このページの本文へ

NECがクラウドサービスとして提供

NEC、多階層な組織に最適な「スマートデバイス管理サービス」

2012年02月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月8日、NECはMDM(Mobile Device Management)サービス「スマートデバイス管理サービス」の販売開始を発表した。

大企業に便利な階層管理が可能なMDMサービス「スマートデバイス管理サービス」

 スマートデバイス管理サービスは、スマートフォンやタブレット端末の利用状況チェック、盗難・紛失時の情報漏えい防止措置、ソフトウェアの更新、リモートデータ削除などを提供するクラウドサービス。組織が多階層・多部門にわたる企業が利用する際に最適なグループ設定、グループごとの管理者設定、グループ管理者への利用権限設定機能などを特徴とする。

 端末設定の自動化機能を持っており、端末の追加や、運用中の端末の設定内容変更(パスワードの有効期限の変更など)の際に、管理システム上のプロファイル機能に変更内容と対象端末を登録するだけで、自動的に一括設定・更新が行なえる。また、端末の電源が入っていなくても、オンになった際に強制的に設定更新される機能もある。

 ウイルス・マルウェア対策、Webフィルタリングをオプションで用意(月額200円/ID)。市販のセキュリティソフトを個別導入した場合と異なり、本サービスの管理機能下で実行履歴管理や強制実行なども一元管理が可能だという。

 価格は、初期費用が30万円、月額料金は300ID時で、1IDあたり300円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ