このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

実例から学ぶ、スレートPC入門講座

体験LaVie Touch! Windowsが動くって素晴らしい

2011年11月22日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
薄くて軽いタッチ操作のWindowsパソコン、今回はLaVie Touchの魅力に迫る

 今回は“イタパソ”を使う。……こうと書くと「またASCII.jpか」と思われるかもしれないが、今回は本当に“板みたいなパソコン”の話である。

 英語で言うと“Tablet”(タブレット)。あるいは“Slate”(スレート)。

 な~んだ……と思ってはいけない。ここで紹介するのは、今年になってにわかに注目を集め始めたAndroidタブレットとも、iPad2ともちょっと違うスレートPCだ。スマートフォン用のOSではなく、Windows 7がフルに動作するのだ。

「スレートPC、なんだそれ」って人は、オレに聞け!

 NECパーソナルコンピュータの「LaVie Touch」。Windowsマシンでありながら、マルチタッチ対応の液晶ディスプレーを備え、本体にキーボードを持たない。しかも薄型コンパクト。そんなパソコンを“スレートPC”と呼んでいる。LaVie TouchもそんなスレートPCのひとつだ。

こんなに薄くて軽いパソコンが手に入るとは!

 LaVie Touchが、世間で話題を集めているAndroidタブレットやiPad2とどこが違うのか。この点については、実は別記事でかなり詳しく解説している。その魅力と言えば、やはり:

 「飛びきり薄型・軽量で、携帯性にも優れたWindowsパソコンが手に入る」

という1点に尽きるのではないか。

薄くて軽いタッチ操作のWindowsパソコン、今回はLaVie Touchの魅力に迫るぞ

 例えば本体の薄さは15.8mm。重量は約729g。最近ではUltrabookと呼ばれる薄型のモバイルノートも登場しているが、ここまでの薄さと軽さを両立したマシンというのは中々存在しない。LaVie Touchのディスプレーサイズは10.1型。解像度は1280×800ドット。そして約10.6時間駆動。この点では一般的なノートと引けを取らないスペック。

 にもかかわらず、ここまで薄くて軽いという点をまずは強調しておきたい!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン