このページの本文へ

数年ぶりの登場!? ヤマハからイヤフォン&ヘッドフォン発表

2011年08月04日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマハからイヤフォンとヘッドフォンが発売される。同社がイヤフォン/ヘッドフォンをリリースするのは非常に珍しい。

イヤーピースが独特の形をした「EPH-100」

 「EPH-100」は、独自形状のイヤーピースを採用するインイヤー型イヤフォン。イヤーピースを2つ重ねたような形状をしており、耳の穴にぴったりとフィットするのが特徴だ。

 ドライバーの口径は6mmで、ハウジング部には削り出しアルミニウム素材を採用。不要な共振を抑えてクリアな音を再生できる。8月上旬発売で予想実売価格は1万5000円前後。店頭では販売せず、オンラインショップのみの発売になる。

長時間装着していても疲れない軽さを実現した「HPH-200」

 「HPH-200」は、180gという軽さが特徴のオープンエア型ヘッドフォン。長い時間装着しても疲れないのがメリットだ。

 40mm口径のドライバーを搭載し、持ち運ぶ際には折り畳むことも可能。変換プラグ(6.3mm→3.5mm)と長さ2mの延長ケーブルが付属する。8月下旬発売で、予想実売価格は1万6000円前後。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン