このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

デジタルで虫を撃退せよ! ― 第3回

そうだ! USB蚊取り器を作ればイイじゃん!

2011年07月27日 12時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は急遽企画を変更して、日本のナイトライフをリードするアース、キンチョー、フマキラーの「蚊取りグッズ」みつどもえ対決をお届けした。
 しかし最終回は原点回帰して、虫退治をなんとかデジタルと融合させて有終の美を飾っていこうじゃないかっ!
 そこで思いついたのが、電子蚊取り器を何とかしてUSBで駆動できないか? という安直な素晴らしいアイディアだ。早速、電子蚊取り器を分解して中の構造を調べてみよう!

ええっ!
リキッドタイプって100℃も過熱しないとダメなの?

 さっそくリキッド式の電子蚊取り器を分解! と思いきや、各社特殊ネジを使っていていきなり出鼻をくじかれる。ただ蚊取り器を触ってみるとリキッドの芯を加熱して、殺虫成分を揮発させているようだ。そこで穴の隙間から、温度計を突っ込んでヒーター部分の温度を測ってみると……。

げげっ!150℃もあるっ!

 いっぽうリキッドの芯の温度を測ってみるとちょうど100℃。市販されているUSBのコーヒーウォーマーでさえ60℃程度なのに、5V 500mAのUSB端子から電源を取って100℃以上の熱を作るのは無理だ。
 とはいえパソコンには100℃近い熱源がある! そうCPUの廃熱だ。何とかCPUの熱をリキッドの芯に持ってこられないかと四苦八苦するも、肝心なことに気がついた!

 CPUが100℃になる状態ってCPUフルパワーじゃん!

 これは蚊取り器を動かすと、美少女ゲームが動かないという致命的な欠陥だ。しかしWebを当たってみると、乾電池2本で動く電子蚊取り器なるものがあるらしい。それがアースの「電池でノーマット 90日用 蚊とりブタ」だ。

電池2本(3V)で動く電子蚊取り器を発見! コイツを改造しちゃる!

 急いで近所のスーパーに買いに行ってみると、乾電池2本で動いてヒーターを使わずに済むらしい。どうやら空気を循環させるファンを回すだけで、薬分を染み込ませたフィルターから殺虫成分が揮発するようだ。
 残る問題は電流だが、テスターで測ってみたところ9mA(電源投入時は15mA)と極わずか。これなら十分USBコネクターから電源が取れる!

これなら十分USBから電源を取れるぞ!

すなわちコレ、デジタルで虫退治である!

5Vを3Vにするイイ半導体が見あたらネェー!

 USBの電圧は5V、電池で動く蚊取り器は3Vなので、電圧を下げてやらなきゃならないが、いまいちドンピシャな半導体がない。ポピュラーなのはLM317という電圧を変換する石だけど、マニュアル(データシート)によれば「入力電圧と出力電圧には最低3Vの差が必要」とある。ただ一度作って実験したことがあるが、5Vから3Vに電圧を落とすことも可能(動作保証はしないが)。かといってマニュアル通りに5Vを2Vまで下げて使うと、ほとんど電池の寿命の状態になってしまうのが辛い。
 そこで半導体を色々と物色していたら、秋葉原の秋月電子でこんなものを見つけた。

低損失三端子レギュレーター[3.3V 500mA]TA48M033F。コンデンサーと半導体がセットになって1セット100円

 USBの5Vから3.3V 500mAを取り出せる半導体だ。しかも入力と出力電圧の差は、わずか0.65VまででOKという。ただ問題は、出力電圧が新品の電池(1.6V(実は1.5V以上ある)×2本)より0.1V程度高くなってしまう点だ。同シリーズの3V出力タイプを入手できる場合は、そちらを使うことをお勧めするが、ここでは3.3Vタイプで無理やり動かしていこう。

作るヤツぁいないと思うが
一応作り方も載せておこう!

 「僕の夏休みの工作はコレだ!」と思ったチビッ子や「USB接続の電子蚊取り器を作ってみたいぞ!」という奇特な読者に向けて、一応作り方も説明しておこう。
 必要な部品は次の通りだ。

部品番号 部品名 個数 価格
1 三端子レギュレータ(出力3.3V、0.5A)(TA48M033F) 1個 80円
2 電解コンデンサー(10V以上、47μF) 1個 10円
3 コンデンサー(0.1μF) 1個 10円
4 ICクリップ 2個 140円
5 USBコネクター(オスAタイプ) 1個 200円
6 電線(模型用の細いもの) 1m程度 200円
7 名刺大のユニバーサル基板 1枚 140円
8 電池でノーマット 90日用 蚊とりブタ 1個 1500円

 秋月電子では、部品番号1~3がセットになった「低損失三端子レギュレーター[3.3V 500mA]TA48M033F」として販売されている。キッチリ3Vで動かしたい場合は、東芝の三端子レギュレーター(3.3V、0.5A)(TA48M03F)を千石電商で入手するといいだろう。なお3のコンデンサーは、通常の丸く茶色いセラミックコンデンサーでもOK。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ