このページの本文へ

映画鑑賞からプレゼンまで活用できるプロジェクター搭載タブ

2012年11月08日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界初となるプロジェクター搭載のSmartDevices製Androidタブレット「U7」がアキバ店頭に登場。aPad専門店にて店頭販売がスタートしている。

タブレットで簡単に上映会開催!プロジェクター搭載モデルSmartDevices「U7」がアキバにやってきた
7型IPS液晶、デュアルコアCPU搭載とスペックも上々。プロジェクターを内蔵するわりに薄型で、重さも300gちょっとと普通のタブレット並を維持している

 SmartDevicesから発売されたU7は、背面にLEDプロジェクターを搭載する7型のAndroid 4.1タブレット。同様の機能を持つモバイルデバイスといえばSamsung製スマートフォン「GALAXY Beam」などが知られているものの、Androidタブレットでは初めての製品となる。

 厚みは最厚部で15mmほどと控えめながら、搭載するプロジェクターはTexasInstrument社製の「DLP Pico handheld projection technology」を採用する本格派。スイッチを入れるだけで表示中の画面をそのまま投影できる簡単仕様で、輝度最大40ルーメンで5~50インチ(854×480ドット)の大画面を投影可能だ。自宅で壁面に映画を投影して楽しむもよし、仕事先のプレゼンでも活躍してくれるだろう。

搭載プロジェクターはTI製輝度40ルーメンの高性能機。レンズ横のスイッチをスライドさせるだけで、表示中の画面をそのまま投影できる
プレゼンはもちろん映画鑑賞にも最適。近くに投影する場合はピント調節用のツマミを使用する

 CPUはデュアルコア動作のTI「OMAP4430 1GHz」(Cortex-A9ベース)で、メモリーはLPDDR2 1GB、ストレージ容量は8GB。外部ストレージはmicroSDが使用可能。液晶ディスプレーは解像度1024×600ドットのIPS液晶を採用する。フロントとリアにそれぞれ200万画素のカメラを搭載。通信機能はBluetooth 4.0をサポートするほか、IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応する。搭載OSはAndroid 4.1。

 本体サイズは幅194×奥行き124.6×10.2mmで、重量は335g。バッテリー容量は4800mAh。aPad専門店にて店頭価格3万3580円、通販価格3万4580円で販売中だ。

インターフェイスはmicroSDスロット、HDMI、miniUSB、イヤホンジャックなど。電源ボタンとボリュームボタンはレンズ横に配置されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン