このページの本文へ

トークイベントはまだ申込み可能!19日は「夏のASCIIフェス」

2011年06月15日 22時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月19日にベルサール秋葉原にて開催される、“ベスト・オブ・ベストバイ”をテーマにお送りするデジタル商品の大博覧会「夏のASCIIフェス ~週刊アスキーが選ぶベスト・オブ・ベストバイ~」。

夏のASCIIフェスが週末の19日に開催! トークイベントも参加者を募集中だ

 週刊アスキー誌上で毎回、編集部イチ押しの商品を紹介している人気コーナー「BEST BUY」で紹介された中から、この上半期に絶対手に入れたい“ベスト・オブ・ベストバイ”商品を一挙展示するぞ! 

 また、地下1階セミナーホールでは、アスキー総合研究所・遠藤諭所長をモデレーターに、ソーシャルネットワークのこれからについて、および震災とメディアについて考えるトークイベントも2セッション開催する。座席の関係上、事前登録制(各セッションともに定員70名)となっているので、ぜひともお早めに申し込みしてほしい!

「ネイティブ世代が考える、これからのソーシャルネットワーク」(13:30~14:30)
モデレーター アスキー総合研究所 所長 遠藤 諭氏
パネラー マーケティングコンサルタント/ブロガー イケダハヤト氏
株式会社ディグナ代表取締役 梅崎健理(うめけん)氏
予定内容 国内外のソーシャルネットワーク事情に通じた若手の論客イケダハヤト氏と、流行語大賞で「~なう」を受賞したことでも話題になった高校生起業家梅崎健理(うめけん)氏、2人の“ソーシャルネイティブ”世代が、ソーシャルのこれからを語ります。
「震災とメディア ―いま本当に必要とされている情報は何か―」(15:00~16:00)
モデレーター アスキー総合研究所 所長 遠藤 諭氏
パネラー コミュニケーション・ディレクター/クリエイティブ・ディレクター 佐藤尚之氏
株式会社石巻日日新聞社常務取締役報道部長 武内宏之氏
予定内容 震災直後に官民連携の震災情報サイト「助けあいジャパン」を立ち上げたコミュニケーション・ディレクターの佐藤尚之氏と、手描きの壁新聞で情報提供を続けた石巻日日新聞の報道部長武内宏之氏に、被災地でいま本当に必要とされている情報は何か、メディアができることは何なのか、そもそも「伝える」ことの本質とは何かについてうかがいます。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ